但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

2017年3月26日 (日)

2017 但馬山友会ジオウオーク

但馬山友会の新年度例会は「山陰海岸ジオエリアを歩くシリーズ」で始まりました。

一昨年の「京丹後市琴引浜コース」、昨年の「京丹後市浅茂川~夕日ヶ浦散策コース」に続き、京丹後市久美浜町「かぶと山登山コース」を歩きました。
案内ハガキは「今回は神の箱庭」と言われている久美浜湾とかぶと山を巡ります・・・」とあり、下山後はミルク工房そら、清酒「玉川」で知られる木下酒造に立ち寄り、豪商稲葉本家の見学も予定されています。
初例会とあって4名の新入会員を含めて51人の参加でした。
 
かぶと山コース案内              集合場所浜公園の向こうにかぶと山
P3260019_2 P3260007_2
浜公園から久美浜湾沿いの国道178号を約3.5kmを歩き、かぶとやま登山口から登り始めます。
 
かぶと山登山道                  人食い岩(赤いのが口)
P3260018_2   P3260017_2
 
早咲きの桜                      調査中
P3260014_2 P3260020
 
大文字から浜公園や久美浜市街地      アセビ
P3260024     P3260027
 
神の箱庭:久美浜湾、小天橋さらに日本海の景観
P3260032_2
風は少し冷たいものの時折陽が差すまずまずのお天気でした。
久美浜湾と日本海に架かる橋は見事で、日本三景の「天橋立(あまのはしだて)」に因んで「小天橋(しょてんきょう)」と名付けたのがうなずけます。
「久美浜湾カキの養殖景観」は京都府選定の文化的景観とされています。
 
湾内に浮かぶカキ筏              絶景を眼下に昼食
P3260036 P3260051_2
 
しつこく弁当を狙うトンビ            記念撮影準備中
P3260041_2 P3260057_2
 
4月例会で登る依遅ヶ尾(いちがお)山
P3260054
かぶと山公園一周のショートコースなら1.8km約40分で楽しめ、途中のかぶと山公園にはトイレやアスレチック施設も整備されています。
山陰海岸ジオパーク推進協議会提供のジオパーク散策モデルコース
「かぶと山登山コース」の案内は  「kabutoyama01.pdf」をダウンロード でどうぞ。
 
下山後はお祭り中の「ミルク工房そら」でソフトクリームをほおばったり、「木下酒造」で酒蒸し饅頭の試食をしたり、それぞれでお土産を買うなど結構楽しめました。
昨年11月の納会以来の行事で、久しぶりに会う山友(やまとも)同士の会話が弾んでいました。
帰宅後携帯の歩数計を確認する21,856歩、約13kmを歩いたことになります。
久美浜湾一周が15.6kmなのであと少し足りませんね。
 
次回例会は4月9日(日)、朝来市和田山町の室尾山(630m)、地元Mさんが初リーダーを務めます。
とかくヤマビル被害が話題となる山なので、この時期が選ばれました。
案内ハガキには「山頂からの景色も素晴らしく、芽吹きも楽しめそうです」とあります。
 
 
 

2017年3月25日 (土)

2017 コウノトリ 山本巣塔 抱卵推定

今年も野上や祥雲寺地区など数カ所で産卵が確認されています。
わが家近くの山本巣塔も何日か前から交代で卵を抱く仕草が目立つようになりました。
2015年は2羽が巣立ったものの事故で死んでしまいました。
2016年は孵化予定日を約1ヶ月過ぎてもなお卵を抱いていましたが、悲しいかな無精卵でした。
 
抱卵中                       ペアが揃う(足輪なしがオス?)
P3250012 P3250016
 
選手交代                     卵は任せてエサ取り
P3250036 P3250029_2
2005年から10年以上観察を続けているT観察員にお聞きすると・・・・・。
はっきり抱卵とは言い切れないが巣に座り込む時間が増えているそうです。
気になるのは別のメス2羽がときどき「ちょっかい」をかけていてペアが集中できていないとのことでした。
 
卵はカラスに、ヒナはトビに狙われて、コウノトリにも巣や卵を狙われたり、子育ては大変です。
2年連続で子育てができていないのでなんとか無事に生まれてくれることを望みます。
もし産卵していたら5月孵化・育雛、7月巣立ちとなるでしょう。
 
 

2017年3月24日 (金)

2017 神鍋山野草を愛でる会 活動開始

Img_20170321_0001_4 昨年11月8日の例会を持って休眠した、「神鍋山野草を愛でる会」が今年の活動を開始します。

3月28日、午前中に総会を開いて一年の活動を話し合い、総会終了後は万場近辺を散策します。
4月の例会は、11日(火)、25日の2回を予定していて、11日は恒例の環境を守るゴミ拾い活動を行います。

← 案内ハガキ
 
                                                                                                                       パネルを見ながら神鍋の魅力を説明
P3220046_2
また、先日フリー情報紙、「Hidaka Emotion(ひだかエモーション)」さんから取材を受け、「愛でる会」設立の動機、メンバー構成、活動内容など泉会長がお答えしました。
「Hidaka Emotion」は「日高町で暮らす幸福感をお届けしたい」を目的に、「ASA江原まるにし」さんが編集発行されていて、Vol.7まで発行されています。
 

2017年3月23日 (木)

2017 スキーシーズン終了

正月は雪には恵まれませんでしたが、1月中旬から2月中旬にかけて5年ぶりの大雪となりました。

伊佐屋の住む豊岡市日高町には神鍋高原があり、スキー場が3箇所営業しています。
さしもの雪も気温の上昇と雨で溶け始めて、アップ神鍋スキー場に続き万場スキー場も営業を終了しました。
一番高所にある奧神鍋スキー場のみもう暫く営業します。
 
我が家から神鍋高原を望む         営業を続ける奧神鍋スキー場        
20170322_084802 P3220047_2
 
          営業終了の万場スキー場とアップ神鍋スキー場
P3220052_2 P3220057
折しも北近畿豊岡自動車道が3月25日(土)に日高神鍋高原インターまで延伸します。
我が家から日高神鍋高原ICまで車で約5分、遠出するにはさらに便利になります。
こちらは道路公団による高速道路ではなく、税金による建設で費用の回収が要らないので基本無料で利用できます。
 
ついに我が町日高町に自動車道が開通して、スキーシーズンだけでなく、四季を通じた神鍋高原の利用促進が期待されます。
 
 
 

2017年3月22日 (水)

桜の開花

東京で桜の開花がニュースになりました。

ソメイヨシノの開花を決める標準木は千代田区靖国神社とのこと、昨年と同じで平年よりは5日早いようです。
 
調べると桜は2月からの最高気温の和が600度になると開花する「600度の法則」があり、誰でも予報できるといいます。
兵庫北部の2月最高気温の合計は212度、3月21日までの合計は260度、合わせて472度で600度までは128度です。
23日以降の昨年の気温で数えると、3月30日に600度を超えます。
 
かって豊岡市桜町にあった豊岡測候所の中庭にソメイヨシノの標準木がありましたが、測候所の廃止後豊岡小学校に変わったそうです。
兵庫県北部の開花予想は31日頃とされています。
 

2017年3月19日 (日)

東大寺 修二会 祈祷寶牘

P3190042_5 17日の土曜日東大寺二月堂から郵便が届きました。

開けてみると、修二会行法の無事満行の報告とお礼とのことで、「二月堂修二大法會御祈禱寶牘」のお札が入っていました。
「寶牘(ほうとく)」とはお札のことだそうです。
4日夜に内陣参拝をした折、若干の寄進したお礼でしょう。
 
修二会行法を満行すると今でも天皇にカビだらけのお餅とお札を皇居に持参し、報告するそうです。
「家内安全・身体健全」のご祈祷札は、仏壇でなく神棚に上げておきました。
東大寺手向山八幡宮を始め二月堂隣にも神社が共立しています。
明治期の廃仏毀釈(神仏分離)の荒波も勅願寺東大寺は別扱いとなったのでしょうか?
 
 

2017年3月17日 (金)

蘇武岳から白山が見えた

奧神鍋スキー場の第5リフトで仕事している近所のSさんから、「白山らしい山が見えたけど、どうだろう?」と聞かれました。

私が山に詳しいと思われての質問です。
薄曇りの天候ながらこの日万場スキー場の第4リフトからも見えたとのこと。
奧神鍋スキー場も万場スキー場もリフトの最高点は蘇武岳のすぐ下にあります。
 
蘇武岳山頂に設置してある山名表示板には、但馬空港と来日岳の間に白山が表示されています。
私も過去10回くらい登りましたが、春・夏・秋シーズンで一度も視認したことはありません。
 
蘇武岳山頂                    方位・山名表示盤
P9140144 P9140156_3
 
白山の標高は2702m、条件のよいときには氷ノ山(1510m)から見えるそうですが、蘇武岳(1074m)からの報告はあまり聞いたことがありません。
冬季のため空気が澄んでいたのと山頂に雪が積もっていて判別できたのでしょう。
富士山・立山と並ぶ霊峰白山、その優美な姿に思わず手を合わせたそうです。
 
私の住むところから蘇武岳は真西に当たり、真東は東里ヶ岳です。
19日の彼岸は好天、蘇武山頂の西方浄土に沈む夕日が見られるはずです。
 
昨年12月に丹後半島の「由良ヶ岳」から確認された写真もありました。
「丹後の野山をあるこう会」ブログ「2016年12月13日の記事」をクリックでどうぞ!
 
 

2017年3月12日 (日)

東大寺 修二会 内陣参拝編

塗塀の通路には結界が        次の出番を待つお松明
P4040012 P4040021_2
 
闇に浮かぶ二月堂           登廊から二月堂
P3050036_2 P4040024
 
内陣参拝証
P3040044 お松明に導かれて初夜上堂が行われ、事前に頂いた許可書を提出し入堂が許されます。
 
行をおこなうのは練行衆と呼ばれる11人の僧侶です。
あくまでも法会なので女性が入れるのは外側の「局(つぼね)」まで、格子越しに行を拝見することになります。
一方男性は外陣まで進むことができ、白麻の扉帳越しに内陣で行われている行を拝見します。
ほとんど照明がなく、何本かの灯明が暗闇を照らしてくれます。
菜種油が燃える時に出るススが周りに広がり、少し息苦しく付けたマスクが黒ずんできます。
2時間も居れば髪の毛も鼻の穴も黒くなります。
 
21時半ごろから大導師作法で神名帳、過去帳が読み上げられ、続いて声明が始まると、幕越しに映る影とともに想像力の世界が始まります。
声明を唱えながら内陣を木沓で駆け巡る足音や錫杖の鈴の音や板に膝を打ち付ける「五体投地」など、極めて動的な行が続きます。
  、
0時過ぎに休憩?が入り、廊下伝いに一度出てだけで外陣と正面の局で約4時間、行が終わって下堂となったのが1時過ぎでした。
大陸から仏教が伝えられて200年の奈良時代、松明のほかこの日は無かった「達陀(だったん)」の行などゾロアスター教(拝火教)要素も混じります。
火と水の融合を感じる修二会です。
 
12日(13日2時頃)のお水取りを終えて修二会は14日まで続き、関西では「お水取りが終わると春が来る」といいます。
兵庫県南部ではイカナゴを「春告げ魚」と呼びます。
雪国但馬は少し遅れて「初午大祭」が終わると春が来るのです。
 
 
 

2017年3月10日 (金)

東大寺 修二会 お松明編

記事が遅くなりましたが、修二会の見学報告です。

但馬出発が13時半、東大寺着が17時ごろ、19時のお松明見学、21時から二月堂内でおこなわれる練行衆の行法を見学します。
行が終わるのが夜中の1時頃という長丁場です。
 
東大寺南大門                   二月堂
P3040002 P3040031
 
懸けづくりの舞台                 二月堂正面
P3040055_2  P3040068
土曜日とあってお5時頃から松明目当の参詣客(見物客)が二月堂下の芝生に陣取り始めました。
予想では2万人程度が集まるとのこと。
 
大松明見学のベストポジションに待機する参詣客(舞台から撮影)
P3040067
 
                   若狭井(お水取りの場所)            
P3040039 P3040048
 
増える一方の参詣客             二月堂からの夕日(中央・大仏殿、奧・生駒山)
P3040083 P3040058
752年から1266回を数える伝統行事ですが、舞台で火のついた松明を振り回すのが修二会のシンボルとなっています。
入堂する足明かりとしてお松明が燃やされ、練行衆が二月堂の登り廊下を次々登って行きます。
松明は1人に1本ずつ焚かれ、この日は10本で12日のお水取りには11本となるそうです。
待機中に修二会の行法の内容や由来などの説明が日・英・中の3カ国語でありました。
 
回廊から上る大松明と舞台上の大松明   南西角の大松明
P3040114 P3040122
P3040006 P3040008
 
お松明から燃え落ちた杉葉
P3050002 バスを連ね大松明目当ての観光客が目につきますが、毎年のように参詣し、ご利益がある火の粉を浴びるとのと、松明から燃え落ちた杉葉を持ち帰って家に祀る人があります。
約20分のお松明が終わると、一気に人が帰り始めます。
我々は付近で腹ごしらえし、21時から夜中まで続く行法に参加します。
 
 
 

2017年3月 5日 (日)

2017 伊佐屋菜園 3月初旬編

さすがの大雪も2月20日を過ぎると消えました。
雪が消えると菜園仕事が忙しくなります。
3月に入ると、冬越しの野菜も根や芽が動き出します。
雑草もかなり育っているので、まず草取りから始めます。

冬越しして育ったエンドウの草取りも兼ねて中耕し、肥料を与えます。
気温上昇とともに伸びてくるので、早いうちに支柱を立ててやらなければなりません。
イチゴは除草が大変で、これも肥料(米糠、油粕、化成肥料)を与えて鍬ですき込みます。
雨に当てた後、黒マルチをかけて地温の上昇を助けてやると花を咲かせます。
有機肥料をしっかり与えると、甘くて美味しくなると言います。

エンドウ              イチゴ
20170304_105431    20170304_105502
タマネギ・ニンニクは枯れ葉をとって、最終肥料を与えます。
これも気温の上昇とともに、茎を伸ばし玉に栄養を蓄えるようになります。
 
ニンニク              タマネギ
20170305_144020_2    20170304_111942
結球を始めている春キャベツや冬越ししたミズナ・サニーレタスも除草と追肥を終えました。
植物も厳しい冬を耐えて、春を待って一気に成長します。
 

«庭の草花 2017年3月上旬編

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ