山歩き

2022年8月 5日 (金)

神鍋Beer Night 2022

コロナ感染第6波が一段落したと思われた時期に企画された「神鍋Beer Night 2022」ですが、第7波が拡大中の時期となりました。
豊岡市も平均100人/日となり、かってない感染者が増えているとの報告です。
高齢者より働き盛りの年代とその家族が多いのも今回の特徴です。

Img_20220805_0001 特に行動制限はないようで、「チームF1B」の山仲間が久しぶりに夏山物語を肴に盛り上がりました。
普段は100人近い予約で満員のはずですが、キャンセルが続き会場はゆったりとしたテーブル配置です。

話題の中心はお盆に予定されている「穂高の山旅」です。
山が好き、話しが好き、酒が好きな8人が集まって大いに盛り上がりました。

全但バス神鍋線の利用促進と「道の駅かんなべ高原」の営業促進を狙った夏企画です。
主催者側の心配は、相次ぐ感染の報告にキャンセルが出ること。
参加者の心配は、感染リスクを重視して企画が中止されること。

「飲み放題」企画には目が無い8人が、時間内でしっかり飲み食いして、お楽しみ抽選会や景品付ビンゴゲームも楽しみました。心配した雨も午前に止み、涼しいくらいの高原の夏は、持参したタオルや団扇が必要ないくらいでした。

夜空に浮かぶハーフムーン & ゆったりとしたテーブル配置
Dsc_0044_20220806084301 Dsc_0047
お盆の山旅は、涸沢をベースに北穂高岳と奧穂高岳を目指す上級者コースです。
夏の終わりには、府市場区なごみの部屋での報告会が予定されています。
登った人も登らなかった人も、お酒を飲みながら情報共有するのが、「チームF1B」のスタイルなのです。

   
    

2022年6月 5日 (日)

2022 三川山(稲葉ルート)

但馬山友会6月例会は三川山が予定されました。
香美町の三川権現から「奧の院コース」を登って、「シャクナゲコース」に降りるルートです。
以前道迷い事故が続いて、香美町の要請で但馬山友会がルート整備のお手伝いをしたことがあります。

三川山 登山ルート調査 ①(2015年)、三川山登山ルート調査 ②  それぞれクリックしてご覧ください。 (画面上左端の「←」ボタンでもとの記事に戻ります)         直近の記録は   2017 但馬山友会 三川山


岩場や急勾配、ロープ場、一部荒れている箇所もあるロングコースから、但馬山友会登山グレードでは、今回「中級+」と設定されました。

三川山には登りたいけど、体力的にこのルートは無理と判断し、大先輩のH夫妻と3人で、NTTの管理道も利用する日高町稲葉ルートを選びました。もちろん例会とは別の自己責任登山ですが、山頂で合流を狙っています。

二つのピークにアンテナや塔が林立していますが、南但馬の粟鹿山と並んで兵庫県北部の重要中継地点ということだそうです。

神鍋側から見る三川山 & 登山口標識
P5100229_2 P6050336  

サワグルミ & 満開のウツギ
P6050328   P6050335
 
ツリバナ & エゴ
P6050332P6050338

ブナ林の緑 & 尾根道
P6050357 P6050345

ギンリョウソウ & ナナカマド
P6050348 P6050362
三川山は氷ノ山・扇ノ山・蘇武岳などの1,000mを越す高山並みに雪解けが遅く、木々や山野草にも遅れた春が見られます。
満開のタニウツギは麓では5月に咲き、いまは実がついています。

タニウツギ
P6050365_20220606151101 P6050375

ヤマボウシ & サワフタギ
P6050401 P6050371
休憩も挟んで所々で花や木・実を楽しみながらのゆっくり歩きで、2時間50分で山頂到着です。痛み止めを飲み、消炎・鎮痛シップを貼り、コルセットでサポートして、何とかついていくことができました。

山頂到着 & 但馬山友会36人と合流
P6050384 P6050388

ヤブデマリ & ハクウンボク
P6050394P6050398

レンゲツツジ & クマノミズキ
P6050407 P6050379
午前中は晴れ間も出ましたが、午後から下り坂で、夕方には雨との予報です。
下山は途中の桑園跡を通って近道をするつもりが、道が荒れていて迷いながら午後3時に戻ってきました。登山開始が午前8時なので、7時間山を楽しんだことになります。
例会参加を諦めていた私に、「無理のない別ルートでゆっくり歩きましょう」と誘っていただいたH夫妻には感謝しかありません。

次回例会は6月19日(日)、雨天やコロナで中止となった4年ぶりの氷ノ山が予定されています。
登りは福定親水公園から山頂、神大ヒュッテを経由して東尾根に下る標準ルートです。
これに味を占めて、お天気がよければ、1060mの大段ヶ平駐車場のピストン(初級レベル)も考えてみましょうか。 (^_^;)



2022年2月12日 (土)

偉大な登山家・冒険家

2月12日は、植村直己さんが北米大陸のマッキンリー(現地名デナリ)の冬季単独登頂に成功された日です。1984年で奇しくも43歳の誕生日でした。翌13日に消息を絶ち行方不明となりました。

府中小学校に設置された看板
Kanban 直己さんは我等がチームF1B登山部のメンバー、MaさんとMiさんの叔父さんです。彼等がメチャタフなのも血筋でしょうね。
私も府中幼稚園、府中小学校、府中中学校、豊岡高等学校と7年遅れて学び、自宅が川を挟んだ隣村で、面識はありませんが常々誇りに思っています。
豊岡市には、その後「国民栄誉賞」を受賞された直己さんを顕彰する「植村直己記念スポーツ公園」と「植村直己冒険館」が設置されています。
毎年2月になると「植村直己冒険賞」の受賞者が決まり、直己さんの母校府中小学校と受賞者との交流会も開かれ、当時但馬山友会の会長だった私も3年連続出席しました。

そんな植村直己さんの映画「植村直己物語」が、明日13日午後0時からBSプレミアムで放映されます。
不明になった2年後の1986年公開なので、もう36年前になるのですね。
彼の少年時代を演じたのは、伊佐屋から2軒上隣のY.T少年だったような記憶があります。
主演は西田敏行、公子夫人に倍賞千恵子、空前の海外ロケが敢行され、エベレストでも撮影後協力した隊員が実際に登頂しました。 
取り消し線部は私の勘違いでした。少年時代など映画にありませんでした。ごめんなさい。

 

 

   

2021年10月17日 (日)

秋たけなわの立山  Ⅱ

室堂周辺散策の私とは別行動の登山チームの報告です。
9日は浄土山に登り、一ノ越山荘に宿泊し、10日早朝雄山でご来光を迎え、大汝山~富士の折立~別山を縦走し、雷鳥沢を経て室堂までの立山三山縦走コースです。

室堂スタート & 浄土山から雄山
Img_0877 Img_0884

雷鳥 & 龍王岳(2817m)
Img_0885 Img_0890
9日のお天気は、曇りときどき晴れ、浄土山経由で龍王岳に登る途中で雷鳥に出合いました。
近づいてカメラを向けても逃げるそぶりもなく、人は敵ではないことが代々受け継がれているのでしょう。

逃げる様子もなく餌をはむ雷鳥


宿泊は4人が一ノ越山荘、昼食も兼ねてさっそく酒盛りが始まり、夕食まで続きました。
翌朝日の出が5時52分なので、4時半起きで雄山山頂へ出発しました。
山頂ではご来光目当ての20人ほどが待ちかまえています。

雄山3003Mからのご来光
Img_0913 Img_0910   


山頂からの景色
Img_0912 Img_0921

別山へ続く稜線・内蔵助カール & 遠くに富山市の町並みと富山湾
Img_0923 Img_0937

最高峰大汝山(3015M) & 別山から劔岳(2999M)を望む
Img_0915 Img_0936  

3000mからぐるり立山の景色をお楽しみください


雷鳥沢へ下り、山崎カールを一望
Img_0948 Img_0950

室堂で合流 & 記念写真
Img_0956 Pa100563_20211019085101







 

   

2021年10月14日 (木)

秋たけなわの立山  Ⅰ

地域の山仲間のお誘いで、秋たけなわの立山に登ってきました。
8日夜但馬を出て、午前3時に立山ケーブル駅に到着して仮眠。
9日は浄土山に登り、一ノ越山荘に宿泊し、10日早朝雄山でご来光を迎え、大汝山~富士の折立~別山を縦走し、雷鳥沢を経て室堂までの立山三山縦走コースです。
膝腰に難がある私は、直接一ノ越山荘に向かい、宿泊後室堂に戻り周辺散策のハイキングコースを選びました。

ケーブルカーを待つ行列 & 満員バス
Pa090281 Pa090285

バスから立山 & 劔岳
Pa090291 Pa090293
ケーブル駅や美女平バスセンターでは、密対策や手指消毒がなされていますが、運行の関係かケーブル・バスとも車内は満員です。
室堂では観光バス団体客も数台、高校の遠足でしょうか団体もチラホラ見られました。
シーズン後半でもあり、山上の内蔵助山荘は営業終了していました。
我々の泊まった一ノ越山荘は団体客もなく、グループ・個人客中心で比較的空いていました。

一ノ越山荘・8畳の個室を4人でゆったり
Pa090348 Pa090357

     一ノ越山荘からアルプスの峰々(10日夜明け)
     富士山・槍穂高・薬師岳・笠ヶ岳などなど一望できます
     Pa100448

     一ノ越山荘から室堂方向
     正面に室堂と大日連山、手前・「影」立山
     Pa100460

     みくりが池越しの眺め
     (池に映る立山の峰々)
              Pa100498

     地獄谷
     Pa100506

     中央山崎カール・別山・真砂岳・富士の折立・大汝山・雄山・浄土山
     Pa100509
      Pa100540_20211015100101 Pa100562_20211015100101

ヤマハハコ & チングルマ
Pa090308    Pa090315

イワツメグサ & ミヤマアキノキリンソウ
Pa090321 Pa090334

ウサギギク & シラタマノキ
Pa090330 Pa100517

ハイマツの緑とナナカマドの赤
Pa100515  

室堂からぐるり立山を見上げる景色

登るのも歩くのも、何度も休憩がいる情けない旅でしたが、写真のように雲一つ無く晴れ上がりました。
紅葉は少し過ぎていてもたけなわの秋を満喫しました。

長時間の運転や宴会用飲食材料のボッカなど、すべて若い3人衆にお任せしました。
体力が無くとも仲間のお陰で山歩きが楽しめた感謝の山旅でした。



 

 

2021年4月11日 (日)

2021 但馬高原植物園の初春

気温が上がり、但馬の山の雪解けが進みました。
4月1日から開園している「但馬高原植物園」からハチ北スキー場ゲレンデ横の「大池」、日高町万場の「天神社」の春を巡ってきました。

但馬高原植物園 & 和地の大カツラ
P4110102 P4110056

キケマン & セリバオーレン(花後)
P4110002   P4110033

クリスマスローズ
P4110018   P4110019

ミスミソウ & ミツマタ
P4110030 P4110089

園内の木道 & カツラから流れる清流のバイカモ
P4110041 P4110038

コチャルメルソウ & ヤマエンゴサク
P4110062    P4110040

ショウジョウバカマ & ヤマネコヤナギ
P4110034 P4110067

ミズバショウ & ザゼンソウ
P4110070 P4110073

キブシ & タムシバ(匂いコブシ)
P4110074 P4110082

ヤマルリソウ & ミヤマカタバミ 
P4110091_20210412074701 P4110127

カタクリ
P4110014   P4110098



ヤマエンゴサク(白)& ヤマネコノメソウ
P4110168 P4110119

アズマイチゲ & エンレイソウ
P4110173   P4110132

イチリンソウ & ニリンソウ
P4110162 P4110165

桜と残雪のハチ北 & 見つけたアナグマ
P4110104_20210412082901    P4110120
毎日曜に雨が降る巡りでしたが、この日は雲一つ無い快晴です。
気温も上昇し、暑くもなく寒くもない上天気でした。

但馬高原植物園は日曜にしては少なめ、ハチ北ゲレンデには一部残雪があります。
大池や先の大池は、木々の芽吹きもこれからで、春いまだ遠しといったところでした。
GW前半には見頃を迎えるでしょう。

 

 





   






2020年9月 5日 (土)

酒が好き・・

Img_20200906_0003酒が好き、歌が好き、花が好き、山が好き、人が好き、五拍子揃っているのがリピート山中さん。
実は私も・・・・・です。

但馬山友会20周年記念コンサートを6月13日に予定していましたが、新型コロナウイルス感染防止のため延期となりました。
非常事態宣言解除に伴い、会場を屋外に変えて11月14日実施予定です。

勢いは少し衰えたものの、感染第2波が進行中です。
今後の展開次第では再度の見直しもあり得るかも知れません。
記念すべき年に、活動も中止や変更など大きく影響を受けました。
感染防止対策と運営を工夫して、20周年を楽しく終えたいものです。

写真のCDを購入してスマホに入れて家庭菜園中に聞いていて、歌詞のあちこちに「五つの好き」を感じます。

<白い花が好き>
もしもお山に花がなきゃ あなたは山に登りますか
・・・
あなたが好きな白い花
ハクサンイチゲ・チングルマ
・・・
ゴゼンタチバナ・マイズルソウ
・・・・
コバイケイソウ・サンカヨウ
花あればこその山歩き

<涸沢のうた>
・・
白い花をつけて 淡い光を投げかけた
北穂から舞い降りてきた 美しい乙女よ
・・・
美しい 美しい 穂高の山よ

<ふるさとアルコール会>
・・・
花が好き好き ヒトが好き ふるさとの山も川も好き
・・・
スミレはどれだけ咲くのでしょう
モミジはどれだけ色づくのでしょう
・・・
お昼にゃビールにワインが出るよ。
ワァ-イワァ-イワイワイ ワインだよ

<双六酒山等無い無い小唄>
・・・
酒酒酒は避けられない 山山山は止まらない
槍や穂高が間近に迫り鏡平の山男・・・

<それぞれの味>
順風満帆でくれた日は サッポロ黒ラベル
艱難辛苦に耐えた日も サッポロ黒ラベル
・・・
みんなで楽しく飲むときは サッポロ黒ラベル
一人でじっくり飲むときも サッポロ黒ラベル

 

     

 

 

 

     

2020年5月18日 (月)

Play in your home mountains

14日に第一弾として39の県に緊急事態宣言が解除されました。
登山アプリ「YAMAP」から、「これからの登山に向けて」というメールが届きました。

内容はYAMAPのホームページ → https://note.yamap.com/n/ne64e0a8998ee

「Stay home」 から 「Play in your home mountains.へ」移行の提案です。
里山や低山など、暮らしている街の近くの自然を愛で、楽しむ機会にしていきましょう。

そもそも、登山は野外のアクティビティです。登山中、密集・密接・密閉の「三つの密」はほぼありません。また、山に登ることで足腰が鍛えられるだけでなく、素晴らしい景色を見て心が洗われたり、森林を歩くことでリフレッシュできたりするなど、心身の健康維持、増進につながるアクティビティでもあります。
再開にあたっては以下の点に気をつけるようにしましょう。

・公共交通機関の利用は極力控える
・都道府県をまたいでの遠征登山は控える
・移動の際は立ち寄らずに帰宅する
・複数人で登る場合は、ソーシャルディスタンス(約2m)をとる
・地域住民の方への配慮を忘れず、地域のルールや方針を事前に確認する
・医療機関や救助隊に負担をかけぬよう、危険を伴う登山は避ける

兵庫県は「特定警戒都道府県」ですが、感染者も減少し近々解除されることになるでしょう。
山の会も休止状態が続きます。
新たなルール・生活スタイルのもとに、新たな日常を取り戻す準備をしておきましょう。



2020年4月25日 (土)

リハビリ登山 剣蛇ヶ岳

昨年12月に右膝を人工関節に置き換える手術をしました。
その後の経過は、腫れは残るものの痛みはなくなり、不自由なく自転車に乗ることができます。
ところが、こんどは左膝が痛み出して、とうとう11月に手術を予約しました。
どちらも軟骨の磨り減りによる変形が進み、膝関節を片方ずつ交換することは覚悟していました。

日常生活ができるようになると、さらに趣味や生きがいを求めるようになります。
手術後のリハビリ登山として、近くの低山を選びました。
剣蛇ヶ岳(けんじゃがたけ)422mは、豊岡市と京丹後市久美浜町の境にあってる抜群の眺めで知られていて、地元では白雲山とも呼ばれています。
登山口の酒垂神社から標高差が約390m、よく整備されているハイキングコースです。

剣蛇ヶ岳と案内板
P4250064_20200427094601  P4250061_20200427094301  

なだらかな尾根道と途中の南方向の展望
P4250003 P4250007
シカによる食害が進んでいて、シカが食べない植物が幅をきかせています。
下草が無いので周りがよく見渡せ、シカの母子に出合いました。

マツカゼソウ&マムシグサ
P4250004   P4250002

シカの親子&イカリソウ
P4250029_20200427094901   P4250060

ヒトリシズカとキランソウ
P4250020_20200426154101 P4250023_20200426154101

密とは無縁の山頂&北東方向に丹後半島北端の依遅ヶ尾山
P4250054 P4250033
南から北へ但馬の山、東西床尾山・須留岐山・進美寺山・須留ヶ峰・御祓山・但馬妙見山・氷ノ山・蘇武岳・大岡山・雪をいただく扇ノ山・三川山・矢次山・ 久斗山、来日岳まで見渡せました。
丹後方面では、形がはっきりしている久美浜湾の兜山・金剛童子山・依遅ヶ尾山が確認できます。

山頂からの眺め
P4250044 P4250045
P4250043 P4250046

妙見山と蘇武岳の間にうっすら氷ノ山、久美浜湾と小天橋
P4250039 P4250057_20200427095501      
好天の土日は、「ステイホーム」の要請がされていましたが、市内の山でもありウオーキングの延長のようなものです。
「家に居よう、人を救おう」は大切なことですが、東京を始め大都市の施策が過疎の地まで一律に適用されるのはどうでしょうか?
リハビリをかねての必要外出なので、許してもらいましょう。

登山口の法花寺集落で地元の何人かと挨拶を交わしただけで、道中も山頂にもまったく人影はありませんでした。
登りは2時間で下りは1.5時間、休み休みのゆっくり登山でしたが、ダブルストックやサポーター・鎮痛剤に助けられ、手術後初めての山を楽しみました。
ただ、下りとなると手術をしていない左膝が痛み出します。
無理をしないで、筋力強化をしながら徐々に慣れていくしかないようです。






 

2020年4月 9日 (木)

但馬の春を求めて

7都道府県に例の宣言が出た翌日、夫婦で但馬の春を楽しんできました。
どちらもハードな行動は無理なので、広域林道を利用したらくちんコースです。
但馬の名峰「蘇武岳1074m」も展望所から徒歩20~30分で山頂に到着です。

展望所とタムシバ
P4090004 P4090005

雪をいただく氷ノ山・鉢伏山と扇ノ山
P4090001 P4090002
風は少し冷たいものの春の日差しが和らげてくれます。
他には神戸ナンバーでご夫婦が1台、神戸から来ましたと申し訳なさそに挨拶されました。
こちらも姫路ナンバーなのですが・・。

イチリンソウとアズマイチゲ
P4090009 P4090007

エンレイソウとニリンソウ
P4090008 P4090010

樹齢100年近い満開の清滝の大桜
P4090015 P4090011
P4090013 P4090017
 
例の宣言の対象地区になってから、イベントや会議はもちろん、山歩きも山野草を愛でる会もすべて中止か延期。
但馬ドームも閉鎖されていて、お目当ての写真展も見られませんでした。
満開の清滝の桜も人通りがほとんどなく、福祉施設のマイクロバスも車窓から愛でていました。


まさに「右向け右」のオンパレードで、中国山地を挟んだ北側の但馬で過度な自粛は不要と思って抵抗したけど、推移を見ると弱気になります。

昭和天皇が逝去される前年(昭和63年)、病気の天皇をおもんぱかってほとんどのイベントや祭事が中止となったことがありました。
府市場区の秋祭りの中止を決めた会議で、「村内安全・五穀豊穣を祝う祭りまで自粛することはない」と発言したところ、役員から「皆が右を向いているときに、左を向くわけにはいかない」と押し切られました。
「ああ、この国はまた戦争をするかも知れんなぁ」と嘆いたことを思い出しました。

 

ところで、登山アプリの会社「YMAP」のニュースレターにこう書いてあります。

この非常時においては、大局的な視点で現状を捉え、シンプルに2つの判断軸に絞って行動するのが適切だと私たちは考えます。

1. 自身が健康でいること = 感染しないこと
2. 感染している可能性を念頭に、他人(ひと)に移さないようにすること

<登山も例外ではない → 結論:今は家にいよう>

行動するならグループは避け、家族で!

そだね~。

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します