但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

山歩き

2017年11月 6日 (月)

雲の上の音楽会のお誘いが来ました

カテゴリーは、音楽がメインですが山歩きにしました。

毎回アウトドア行事の報告やお誘い行事で恐縮ですが、冬になると雪が積もる但馬はシーズン終了までカウントダウンが始まります。
以前何回か参加した「悠友山荘」さんから案内ハガキが届きました。
 
雲の上の音楽会 案内ハガキ
Img_20171102_0002
5月と11月の2回開催されていて今回は34回目、17年間続けていらっしゃることになりますね。
初参加は2015年5月、山荘で行われる音楽会に合わせて、加藤文太郎山の会で段ヶ峰周辺の登山が企画されました。
生野高原登山口→達磨ヶ峰→フトウガ峰→段ヶ峰→杉山からクジラ岩を経由し、山荘のある千町峠にくだる縦走コースでした。
 
笠形山に登った2016年春 「第31回雲の上の音楽祭」はクリックでご覧ください。
 
悠友山荘は973mの千町峠にあり、焚き火や暖炉を囲んでの集まりになるでしょう。
燃える秋の名残と冬の訪れを感じながら、フォーク、歌謡曲、コーラス、全盲の青年のピアノ弾き語り、カントリーミュージックそしてジャズ・・・何でもありの音楽会となるはずです。
私は音楽の素養もなくただただ聞き役ですが、山好き・音楽好き・お酒好き・人好きがそれぞれ集まって楽しんでいる雰囲気が好きです。
 
 

2017年11月 3日 (金)

2017 須留ヶ峰紅葉登山大会(本番)

予報通り秋晴れのお天気、雲があるのも暑さを和らげてくれます。

須留ヶ峰は養父市の旧養父町と大屋町にまたがる1054mの高峰で「ふるさと兵庫100山」にも数えられています。
旧養父町側の建屋校区自治協議会と餅耕区では、登山道整備をきっかけに毎年「紅葉登山大会」と銘打って村を挙げて取り組まれています。

養父市餅耕地区が会場            産霊神社前で準備体操
Pb030002 Pb030007
須留ヶ峰は大杉山1048mと須留ヶ峰1054mとにピークが分かれていて、北西の大屋町からは双耳峰のように見えます。
3時間弱かけてまず眺望のよい大杉山、そこからピークの須留ヶ峰まで約30分アップダウンを繰り返すコースです。 
 
登山開始                     コース案内図(左:ベテランコース)
Pb030008 Pb030017_2
 
餅耕地川を何度か渡渉            ロープも使う登り        
Pb030011 Pb030014
丸木橋を何度か渡り、渓流沿いの道と林道との合流地点でやっと目指す山が見えてきます。
 
沢添いの紅葉                   中間地点から大杉山
Pb030015 Pb030018
但馬山友会の会員で参加者は4名、全体で51名ということで、好天にもかかわらず少なめでした。
沢渡りを何度か繰り返し、尾根道は急登の連続、山頂まで3時間以上かかる中級者向けのコースなので、家族連れの参加はほとんど無く登山経験者が中心です。
 
尾根道 紅葉のトンネル           アセビの群落を抜けると大杉山山頂
Pb030031 Pb030034
晴れときどき雲りのお天気で、日差しを受けてしっかりいい汗を掻きました。
大杉山からは真南を除いて、但馬の山々が見渡せます。
3日前は西但馬の鉢伏山、今日は南但馬から展望し、山名と位置を確認することができました。
 
鉢伏山と氷ノ山の中間の中腹に、「日本の滝100選」にも選ばれた天滝が見えます。
あちらも「天滝もみじまつり」で賑わっていることでしょう。
 
東:奧に粟鹿山 手前に青倉山・朝来山  北東:日高町から豊岡市街地
Pb030053 Pb030057
 
北:妙見山・蘇武岳               北西:氷ノ山・鉢伏山
Pb030050 Pb030041
 
西に藤無山                     天滝が見えた
Pb030064 Pb030044
ピークの須留ヶ峰へは有志だけが向かい、半数が大杉山にとどまって大展望を楽しんでいます。
須留ヶ峰へのスタッフの案内がなかったことで、道を間違えた人が出たのは反省材料として欲しいものです。
 
気になったのは、登山口から中腹はミツマタ、マツカゼソウ、イワヒメワラビが、尾根から山頂にかけてはアセビが群落を作っていることです。
ササや下草はほとんど無くなり、これらシカ忌避植物が幅をきかせています。
これは北但の山にも見られる現象ですが、ここまで進んでいるとは思いませんでした。
 
ミツマタの蕾                    マツカゼソウ
Pb030071 Pb030074
下山すると餅耕地区の公民館で、女性部の方々から具だくさんの豚汁や手作りドーナツお茶やコーヒーの接待を受けました。
 
餅耕地公民館でお接待            手作りドーナツと豚汁
Pb030078 Pb030077
9月と10月の3度にわたる台風で荒れていた登山道も整備していただき、丸木橋も一部付け替えていただいています。
地元餅耕地区の皆さんには大変お世話になりありがとうました。
おかげで楽しい山歩きができました。
 

2017年11月 2日 (木)

2017 須留ヶ峰紅葉登山大会(予告)

養父市にある須留ヶ峰(1054m)の登山案内が届きました。

一人で「たじまふるさと50山」(いまは100山)の完登を目指していた2010年5月に登り、登山口にあるノートに住所氏名を記入したのが縁で、その後案内ハガキが届きます。
        Surugamine_2
11月3日は晴れが多い「特異日」ですが、近年そうでもなくなりました。
また、明治天皇の誕生日でかっては「明治節」、日本国憲法が公布された記念の日、そして翌年憲法が施行されました。
その年1947年生まれの伊佐屋の60歳代最後の日でもあります。
 
明日の予報は曇りときどき晴れ、夏場はヤマビルが多いところです。
秋になるとその心配もなくなり参加を決めています。
登り3時間強、下り2時間の中級コースで、現地で知った顔もみられるでしょう。
 
2015 須留ヶ峰紅葉登山 の様子はクリックでご覧ください。
 
 

2017年10月18日 (水)

2017 涸沢・穂高紀行 Ⅴ (穂高で出会った花々)

この時期穂高の主役は紅葉です。
特にナナカマドの赤、ダケカンバの黄色、ハイマツの緑が織りなす様は見事です。
それに灰色の残雪と岩稜が加わり、さらに彩りを添えます。
秋も深まり花も終わりか、実になっていました。
そんな穂高で出会った花々を紹介します。
 
サラシナショウマ                 イワギキョウ
P9300030 Pa010303
 
チングルマ(花後)                                アキノキリンソウ
Pa010308 Pa010312
 
イワツメクサ                     ヤマハハコ
Pa010333 Pa010338
 
ナナカマドの実と葉               ミヤマカラマツ
Pa010366 Pa010446
 
カニコウモリ                ガマズミ
Pa010449   Pa010462
 
ノコンギク                      ハクサンボウフウ
Pa010471 Pa010476_2
 
ゴゼンタチバナ(実)               ヤチトリカブト
Pa010491 Pa010520
 
ヤマホタルブクロ                  メタカラコウ 
Pa010530 Pa010534
 
センジュガンピ                   ゲンノショウコ?
Pa010542 Pa010555
取りあえず名を入れましたが、間違っていたら教えてください。
 
ところで、チームF1B涸沢・穂高紀行のデータのDVDが完成しました。
ICTに詳しいT君がb、BGMを入れて12分の動画風に仕上げ、さらに各隊の専属?カメラマン3人の写真や動画データも収録しています。
これをもってチームF1Bの涸沢・穂高紀行を終わります。
 
20171018_151812
 

2017年10月17日 (火)

2017 涸沢・穂高紀行 Ⅳ (上高地へ)

< 三木隊  明神 嘉門次小屋から上高地へ 

ゆっくり睡眠をとった10月2日(月)、三木隊は明神池 穂高神社奥宮 にお参りし、梓川右岸の自然探勝路をゆっくり上高地へ向かいます。

紅葉はまだ進行中、今朝は重く雲が垂れ下がり、お昼から雨の予報です。
 
                     早朝の明神池
Pa020609 Pa020617
Pa020614 Pa020622
 
嘉門次小屋の朝                 朝食
Pa020655 Pa020657
穂高連峰への登山は通常は梓川の左岸を遡り、明神→徳沢→横尾と進むのが一般的ですが、右岸沿いにある岳沢登山口から登るルートも知られています。
明神池からは川の流れに沿って右岸を歩くと、ケショウヤナギ、ハルニレ、サワグルミが生い茂る木道歩きが楽しめます。
自然探勝路の木道は、梓川のせせらぎと湿性林とのバランスが取れた景色が見事です。
 
ニホンザルも歩く木道              梓川と湿性林が見事
Pa020659 Pa020664
 
三木隊の記念写真                草紅葉
Pa020671_2 Pa020673_2
途中岳沢登山口と合流しますが、合流時間の9時には間があるので先に上高地河童橋へ
向かいました。
 
                  上高地から岳沢を望む
Pa020674 Pa020675
涸沢や蝶ヶ岳など東から見る景色と違って、南から岳沢越しに見る景色は新鮮なもので、看板と実物を較べながら山名を確認します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
< 植村隊 岳沢小屋から上高地へ >
 
小屋出発の朝              穂高よさらば♪
20171003_124255_2  Dsc01690
 
                   岳沢の紅葉
Dsc01703 Dsc01687
 
                      上高地へ
Dsc01700 Dsc01706
 
 岳沢登山口到着                 梓川と河畔林
Dsc01714 Dsc01716
 
奧穂~前穂から岳沢ルート
20171002_083028_2
 
植村隊5名到着                  雨の河童橋
Dsc01720 Pa020677
9月29日(金)夜出発から30日、10月1日と好天が続きましたが、最終日の2日のお昼から予報通りの雨となりました。
 
2015年の槍ヶ岳も全日快晴でしたし、今回も晴天が続きました。
雨に降られた2014年の常念岳2016年白馬岳に参加し、槍と穂高に不参加だったのがBちゃん、どうやら彼が雨男のようです。
 
それはともかく感激が冷めないうちにと、11日に写真データ、もちろんお酒もつまみも持ち寄り反省会をしっかり行いました。
ICTが得意なT君が写真や動画データをDVDに収めて、近く配布してくれる予定です。
 
素晴らしいお天気に感謝するのはもちろん、企画段階から何度もミーティングを開き、飲みニュケーションを重ね絆を深めた仲間と、企画・運搬・案内のすべてにリーダーシップをとってもらった植村隊長に感謝です。
皆さんお疲れさまでした。
 
 

2017年10月16日 (月)

2017 涸沢・穂高紀行 Ⅲ (植村隊)

健脚揃いの植村隊5人は涸沢の紅葉を楽しむよりもピークを極めるのが大事として、10月1日(日)暗闇のなか4時には奧穂高岳へ向かって出発しました。
昨日に続いて快晴、ほとんど雲が見られません。

(写真はクリックで拡大して絶景をお楽しみください。拡大した写真右上の×ボタンで元に戻ります)

ヘッドランプとヘルメットで出発         ご来光 中央左が常念岳
Dsc01631_2 Dsc01642_3
 
白出のコルから涸沢を見下ろす        小屋前のテント場
Dsc01646 Dsc01645
山頂への途中ザイテングラートでご来光を拝みながら、穂高岳山荘には約2時間半で到着しました。
 
穂高岳山荘                   奧穂への急登、小屋の先は涸沢岳・北穂高岳
Dsc01647 Dsc01648
20分の休憩後、日本第三位の高峰、穂高の盟主奧穂高岳3190mへ向かいました。
岩場の急な登りで混雑もあり、50分かけて午前8時に山頂到着です。
 
山頂間近 中央奥に槍ヶ岳          奧穂高岳3190m                
Dsc01650 Dsc01656
 
富士山 右に南アルプスの山並み      右に乗鞍岳、奧に御嶽山
Dsc01662 Dsc01659
 
ジャンダルム                    吊り尾根から前穂高岳へ
Dsc01660 Dsc01661_2
 
吊り尾根を下る                  前穂高岳3090m
Dsc01663 Dsc01670_2
奧穂までは順調に進んだものの、吊り尾根で膝を痛めた1名を分岐の紀美子平に残して、4人が午前11時、前穂高岳に登頂しました。
厳しさが続く慣れないコースでもあり、念のため休養を取ったことで回復しました。
 
途中で奧穂近辺で救助ヘリがホバーリングしていたのを見ました。
(翌朝の新聞にジャンダルムでの滑落事故が載っていました)
 
                  緊張の岩場・ハシゴ場
Dsc01680   Dsc01684  
 
岳沢小屋                     二峰登頂を祝うもお疲れ気味
Dsc01689 Dsc01691_2
14時半に岳沢小屋に到着し、出発から10時間半の長丁場とハードなコースに、皆さんお疲れのようでした。
岳沢小屋では布団一枚があてがわれ、やっとゆっくり休むことができました。
涸沢とは違い、上級者コースなので、人が殺到することはないのでしょう。
 
 

2017年10月15日 (日)

2017 涸沢・穂高紀行 Ⅱ (三木隊)

涸沢小屋の夜は、「部屋は超満員。部屋から半身はみ出して寝ている人や廊下で寝る人はあちこちに、もっと凄いのは階段に腰掛けて寝ている人が数人います。テラスに出るとハーフムーンと満天の星、真上にオリオンの三つ星が輝き、明日の好天を保証してくれています。トイレから帰ってくると寝場所がなくなっているので、両横を押し広げて確保します。
 
明けやらぬ涸沢の10月1日(日)午前3時半に部屋の電気が点灯しました。
次の目的地、奧穂高岳や北穂高岳に登る人がさっそく準備を始めています。
落石事故で命を落とす人も出て、北ア遭対協がヘルメットの着用を勧めていることもあって、持参している人がずいぶん増えました。
チームF1Bでは、来た道を下る三木隊はノーヘル、奧穂高岳から前穂高岳を目指す植村隊はヘルメットを持参しています。

(写真はクリックで拡大して絶景をお楽しみください。拡大した写真右上の×ボタンで元に戻ります)
 
日の出は5時44分、予報は晴れ      2回目、4時半の朝食
Pa010229_2 Pa010204_2
奧穂高岳へ登りは、吊り尾根を経て前穂高岳を目指す植村隊5名は朝4時には出発し、ご来光やモルゲンロートは途中のザイテングラートで楽しんだことでしょう。
 
                    涸沢の朝                       
Pa010231_3 Pa010262_3
 
                 モルゲンロート(朝焼け) 
Pa010250 Pa010284_3
 
前穂高岳                      奧穂高岳        
Pa010291 Pa010287
三木隊1名は朝焼けを十分楽しんだあと、6時半に涸沢小屋を出発し、標高約2500mの合流地点から、パノラマコースをぐるりと回り涸沢ロッジへ下りました。
 
涸沢岳                        北穂高岳
Pa010290_2 Pa010289_2
 
2017 涸沢の紅葉
Pa010383_6
 
ビュースポット 涸沢ロッジのテラス     三木隊1名
Pa010396_2 Pa010381_2
2009年、2012年に続く3回目となる涸沢の紅葉をゆっくり楽しんだあと下山を始めました。
時間が経つにつれ、紅葉を楽しんで下る人と、これから登って楽しもうとする人で混雑してきました。
土曜は無理として日曜泊りに「○○○ツーリズム」の何本かのツアーとすれ違いました。
「上り優先」などと暢気なことをいっていたらいつまでも下れません。
分岐の横尾で昼食をとり、本日の宿泊地明神池横の嘉門次小屋についたのが3時頃で、さすがに2夜連続の寝不足が堪えました。
 
穂高よさらば♪                  明神橋
Pa010435 Pa010563
 
嘉門次小屋到着                  囲炉裏部屋
Pa010566 Pa010569
 
40分かけるイワナの塩焼き     猟銃とウエストン寄贈のピッケル 
Pa010570   Pa010578
 
風情のある佇まい               夕食は小屋前の食堂
Pa020651 Pa010585_2
今回は総隊長の植村さんの奨めで、早々と「嘉門次小屋」を予約しました。
小屋の創設者上条嘉門次氏は、上高地を世界に広く称賛し、登山の楽しみを日本人に紹介した英国人宣教師ウォルター・ウェストンの案内人として名を知られています。
ウエストンは登山を日本に浸透させた功労者として、梓川沿いの広場にレリーフが掲げられ、毎年「ウエストン祭」が開かれています。
 
130年の歴史を持ち、四代目が引き継ぐ小屋で、4部屋30人収容の小規模ですが、初代の面影を残す囲炉裏とじっくり時間をかけるイワナの塩焼きで有名です。
 
オリジナル「嘉門次」         焼きイワナと野菜の天ぷら
Pa010576  Pa010583_2
オリジナルの清酒「嘉門次」も美味しかったし、イワナの塩焼きも40分近くかけて炭火でじっくり焼かれ、頭から尻尾まで食べることができます。
お風呂も用意されていて汗を流すことができ、部屋は満室でも一人に布団一枚があてがわれ、やっと手足を伸ばして寝ることができました。
小規模ながら風情ある昔ながらの山小屋は、どこよりも思い出になる小屋でした。
 
 
 

2017年10月14日 (土)

2017 涸沢・穂高紀行 Ⅰ

29日の金曜夜に総勢6人でF1B村を出発しました。

目指すは岐阜県平湯温泉の市営あかんだな駐車場、上高地方面へのシャトルバス利用者専用の有料駐車場で自家用車約850台を収容します。
以前はいつでも入れたのが開門は4時に変わり、待っていると3時半にゲートが開きました。
上高地から槍穂高の紅葉を目当てに満車に近い状態です。
 
混雑の駐車場                   6時始発のバスに長蛇の列
P9300002 P9300006_2
 
上高地バスターミナル              まずは河童橋
P9300014 P9300016
 
明神                        徳沢
P9300036 P9300039
 
槍と穂高の分岐点横尾             横尾大橋
P9300048 P9300051
 
屏風岩                       人で溢れる本谷橋
P9300057 P9300060
 
ガレ場の登り                   ちょっと怖い岩場を通過 
P9300066 P9300075
 
涸沢カールが見えた              ピークに近い紅葉
P9300081 P9300088
 
涸沢小屋から涸沢ヒュッテを望む       何をおいてもカンパーイ!
P9300093 P9300111
 
カール・前穂をバックに飲(や)る      メザシの炙りが美味い
P9300113 P9300123
 
黄昏れる穂高の峰々               涸沢小屋受付
P9300142 P9300160_2
 
晩ご飯は5時半から                部屋は満員でテラスで一息
P9300159_2 P9300165
 
半月+満天の星                超混雑の寝所
P9300169 P9300185
2015年の飛騨槍ヶ岳紀行の槍ヶ岳山荘の混雑も凄いものでしたが、こちらの方が一枚上の感がします。
涸沢小屋のホームページには・・・・
「9月23日(土)から10月8日(日)はかなりの混雑のため予約受付終了しました。紅葉の季節はシーズンで1番混雑します。1枚のお布団で2~3名様ご一緒になり、ご予約されてる方も到着順でお部屋にご案内致します。申し訳ございませんが、ご了承の上お越し下さいませ。」と書いてあるのです。
 
夜中にトイレに行くと、部屋から半身がはみ出ている人や廊下で寝る人はあちこちに、もっと凄いのは階段で座りながら寝ている人がいます。
帰ってくると寝場所がなくなっているので、両横を押し広げて確保します。
 
テラスに出るとハーフムーンと満天の星、真上にオリオンの三つ星が輝き、明日の好天を保証してくれています。
 
 
 

2017年10月 3日 (火)

2017 涸沢・穂高連峰

9月29日夜出発で車中泊、30日(日)と1日(月)は山小屋に泊まり、錦秋の穂高を楽しんできました。

山の季語で秋は「粧(よそお)う」といい、まさにピークの紅葉が楽しめました。
取り急ぎ、日本で屈指の紅葉、涸沢の粧いをお伝えします。
 
                   涸沢カールから穂高を望む
Pa010400 Pa010383
 
700張りを越えるテント村           モルゲンロート(朝焼け) 
P9300101 Pa010248
ランニングと山歩きを楽しむ「チームF1B 」の秋の恒例行事です。
涸沢から奧穂高岳にチャレンジしたのが2011年、6年ぶりの穂高です。
今回は涸沢散策チームとさらに奧穂高岳~前穂高岳への縦走チームに分かれました。
これから徐々にアップしていきます。
 

2017年8月 9日 (水)

チームF1B 高地トレーニング決定

府市場区を中心とするランニングチーム「チームF1B」は、当初のランニング主体から山登りも重要行事となりました。

昨年は白馬三山縦走 、人気のルートである大雪渓は通行禁止となったので、栂池自然園から小蓮華岳経由の縦走となり、初級組は白馬大池泊まりで往復、健脚組は白馬岳登頂後白馬山荘に泊まり、白馬三山縦走を果たしました。
いろいろいろいろ検討の結果昨日のミーティングで、2度目の涸沢・奧穂高岳に決定しました。
 
涸沢の紅葉(2009)              奧穂直下の穂高岳山荘(2011)
P1010670_4  Pa020039_2
1日目は全員「涸沢小屋 」に泊まり、日本屈指の紅葉を楽しみます。
翌日健脚組は奧穂高岳(3190m)に登頂し、前穂高岳(3090m)へ縦走し、「岳沢小屋」に泊まり、「嘉門次小屋」に泊まる初級組と翌日合流します。
 
チームF1Bの活動も8年目を迎え、山小屋2泊とし少し行程に余裕を持たせたのが変化です。
メンバーは40歳代が1人、50歳代が3人、60歳代が2人の6人構成です。
 
11月に70歳を迎える私は、2015年の西鎌尾根からの槍ヶ岳 を最後に、膝と腰の不安から体力不足と認定され、初級組に格下げとなりました。
 
今回の初級組は私一人ですが、涸沢は2009年・2011年に次いで3回目となります。
上高地では小説氷壁の舞台「徳澤園」、冒険家植村直己さんが居候していたことがある「西糸屋山荘」に次いで、伝説の「嘉門次小屋」に泊まるのも楽しみです。
小屋での飲み過ぎに注意し、「山の粧い」を楽しみながら涸沢・上高地を散策し、健脚組を待つことにします。
 
 
 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ