但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 我が家の減塩グッズ | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 6月例会 大岡北コース »

2015年6月 7日 (日)

2015 但馬山友会 氷ノ山 

但馬山友会6月例会前半の部は氷ノ山1,510mです。
会では<年に一度は登る山>と位置づけ、私が入会してからも兵庫県側から福定親水公園コース、東尾根コース、ブン回しコース、殿下コース、坂の谷コースと登ってきました。

今回は鳥取県若桜町に回り込んで、健脚向きとされる仙谷コースから尾根筋に合流する仙谷分岐から山頂へいたるコースタイム約2時間。
下りは、三の丸経由スキー場リフト最高所からブナ林、ワサビ山を経由して登山口に帰る周回コース、標高差680m、歩行時間は6時間を予定しています。
 
途中、道の駅「ようか但馬蔵」に集合し、車を整理して60km先の登山口に向かいます。
案内にあった持ち物の「軽アイゼン(雪渓あり)」は雪解けが進んで要らなくなったのですが、「健脚」と「軽アイゼン持参」の脅し?も聞いたのか参加者は29名と例会にしては少なめでした。
 
氷ノ山スキー場登山口      山頂まで2.4km
P6070015 P6070017
コース案内板
P6070022_7
仙谷の沢筋をひたすら登る
20150607_155708 20150607_155323
フタリシズカ              クルマバソウ
20150607_160818 P6070026
エンレイソウ              ネコノメソウの一種?  
P6070032 P6070033
仙谷コースは距離は比較的短いものの大石がごろごろしていて沢を渡るのとクサリ場がある急登コースで、雪解けが遅く春があちこちに残っています。
おかげでサンカヨウやニリンソウなど春の野草に出会うことができました。
沢筋に残る雪渓
P6070036_2 P6070048
サンカヨウ群落           満開のサンカヨウ
P6070037 P6070040
ニリンソウ              ヤグルマソウ
P6070043 P6070052
ユキザサ               仙谷分岐 尾根合流点
P6070068 P6070062_2
半数はこしき岩へ          もうすぐ山頂
P6070063_2 P6070064_2
氷ノ山山頂              賑わう山頂
P6070073 P6070088_2
今日は氷ノ山夏山開きの日、地元若桜町や養父市の関係者、各地から登山者が集まり山頂は超満員でした。
昨年参加した「鳥取・兵庫両県往来・交流登山ツアー」も開催されていて、両県からの参加で賑わっていました。
鳥取市内・湖山池         アップで大山も
P6070095 P6070084
鉢伏高原側              東方向の山並み
P6070077 P6070082
山開き神事             玉串を奉る
P6070103 P6070106
山開きに参加した後、南方向三の丸に向かう途中で、宍粟の3グループに出会い、鳥取・但馬・宍粟の各地から山頂を目指していることが分かります。
向かう三の丸1,464m
P6070109_3 P6070115  
三の丸から氷ノ山山頂      三室山・後山など
P6070109_2 P6070111
宍粟の連山
P6070112_3
三の丸からネマガリ竹の笹原や灌木林を抜け、ブナの自然林やスギやヒノキの人工林を抜け、さらに急な階段を下るとスキー場のリフトトップに出ます。
若桜町ふれあいの里       リフト最高点から
P6070118 P6070119
急階段の下り            雪で曲がった杉林
P6070121 P6070128
ブナ林                ワサビ谷
P6070129 20150607_155708_3
氷ノ山カタバミ(花後)       山の日バッジ
20150607_160254_3 20150608_164934

曇りがちながら展望も得られ、寒くも熱くもないコンディションでした。
雪渓が残る谷筋でサンカヨウを始め春の花々に出会うことができ、山頂ではすばらしい眺めを楽しみ、山開き神事にも参加できました。
 
昨日も昼過ぎまで雨模様、明日も午後から雨の予報で、まさに間隙を縫った一日でした。
折から登山道横にスズコ(ネマガリ竹のタケノコ)が顔を出していて、植物採集を兼ねる余裕の方もありました。
リーダー始め役員の皆さんのお陰で、仙谷・三の丸周回コースを最後まで楽しむことができました。
「やはり兵庫県最高峰、氷ノ山は懐が広い」ことをあらためて感じました。
 
 
 

« 我が家の減塩グッズ | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 6月例会 大岡北コース »

但馬山友会」カテゴリの記事

コメント

山のすごさがいろんな意味で伝わってきます。
6時間のコース。
すごい!
多分歩けば歩くほどストイックになって
その山道にむかわれるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/60309117

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 但馬山友会 氷ノ山 :

« 我が家の減塩グッズ | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 6月例会 大岡北コース »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ