但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 旧ブログも残っています | トップページ | 悠友山荘 雲の上の音楽会 »

2015年6月 3日 (水)

段ヶ峰縦走登山

取り込み事があって遅くなりました。

5月23日~24日、加藤文太郎山の会主催「段ヶ峰縦走&“雲の上の音楽会”」参加の報告です。
段ヶ峰山頂付近の「悠友山荘」では春と秋の2回、“雲の上の音楽会”を実施され、今回が29回を数えます。
山荘で行われる音楽会に合わせて、段ヶ峰周辺の登山が企画され、今回は生野高原登山口→達磨ヶ峰→フトウガ峰→段ヶ峰→杉山からクジラ岩を経由し山荘のある千町峠にくだる縦走コースです。
段ヶ峰トレッキングマップ 
P5230025_5      


登山参加者は12名、このコースはトレッキングマップの標高図にあるように、達磨ヶ峰912mまでの40分が急登となりますが、それ以降はアップダウンはあるもののなだらかな尾根歩き、草原歩きが楽しめます。
タニウツギ               ミズキ
P5230027 P5230029
生野の町並み            達磨ヶ峰912m
P5230032 P5230037
自然林の尾根歩き         笹原とアセビの大群落
P5230042 P5230045
前方にフトウガ峰と段ヶ峰     フトウガ峰1,082m
P5230040 P5230050
チゴユリ               段ヶ峰山頂が間近
P5230048_2 P5230058
段ヶ峰山頂1,103m       フトウガ峰・達磨ヶ峰
P5230068 P5230062

少し雲があり暑さが和らぐお天気で、山頂には数組の登山者が昼食を食べていました。
北西方向には氷ノ山を中心とする但馬の山々が、西には1,000mを超す宍粟の山々、南には千町ヶ峰がならび、東方向は千ヶ峰・笠形山が並んでいます。
氷ノ山と但馬の山          多可町方向
P5230082_2 P5230083_2
山荘はここからすぐなのですが、西に並んでいる杉山山頂1,085mから回り込んで山荘に向かいます。
ギンリョウソウ            杉山山頂
P5230077  P5230080_2
ここからの眺めは段ヶ峰が真横に見える位で、ほぼ同じですが宍粟の山々がより近くに見えます。
   宍粟の山並み
  P5230084_2
自然林を下る            山上庭園
P5230091 P5230088
「総合作業施設」がある側の下りには巨岩がごろごろしていて、自然の庭園ができていたりクジラそっくりの岩があったり楽しませてくれます。
クジラ岩(マッコウクジラ?)   岩塊流の説明板
P5230095 P5230097
さらに下ると林道「千町段ヶ峰線」に出て山荘まで歩きます。
悠友山荘(千町峠)        音楽会ステージのテラス
P5230098 P5230106_3            
音楽会は午後3時開演の1部、7時開演の2部の2回開かれますが、早々と到着した組から生ビールを片手にジビエも混じった野趣あふれるつまみを囓っています。
今晩は山荘泊まりなので、遠慮無くカンパーイに合流しました。

P5230121 P5230147_2          
P5230145  P5230119_2
“雲の上の音楽会”の様子は次の記事で報告します。
 
 
 

« 旧ブログも残っています | トップページ | 悠友山荘 雲の上の音楽会 »

加藤文太郎山の会」カテゴリの記事

コメント

変わらず、お元気そうでなによりです。
きれいな眺め、今年もたくさん見せてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/60246146

この記事へのトラックバック一覧です: 段ヶ峰縦走登山:

« 旧ブログも残っています | トップページ | 悠友山荘 雲の上の音楽会 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ