但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 丹波黒と丹近(におう)黒 | トップページ | 「戦争法案」反対です »

2015年6月14日 (日)

氷ノ山 高地トレ 楽々コース

所属するランニングチーム「チームF1B」では、各種マラソン大会出場の旁ら高地トレーニングと称して山歩きを楽しんでいます。
1月の新年登山と6月の氷ノ山、秋は北アルプスの3回が定番です。

今回選んだ氷ノ山登山は、殿下コースを三の丸経由で登って大段ヶ平へ下る標高差が一番少ないルートを選びました。

氷ノ山登山マップ ↓ (クリックで拡大)
Scn_0001_2

私は但馬山友会6月例会仙谷・三の丸周回コースを登ったので、2週連続の氷ノ山です。
来週神鍋マラソンに出場したり、山友会青葉山登山に参加するメンバーもいて、事前トレーニングとしても考えました。
        2011チームF1B「高地トレーニング報告」もクリックでどうぞ

殿下コース登山口         ブナ林
P7120001_2  P6140001
ネマガリ竹の笹原           リョウブ・ナナカマドなどトンネル
P6140002 P6140007

山開きも終わりシーズンインしたものの、梅雨時期で天気予報も変わるので、登山者はまずまずでした。
目だったのは太子町の小学5年生の団体で、自然学校で鉢伏に金曜から泊まっていて、今日登ってきたそうです。

三の丸から氷ノ山山頂     メンバー5人
P6070115  P6140009
昼食を済ませ物足りなさそうなので、山頂から尾根伝いに北西へ少しくだったところに「甑(こしき)岩」があり、眺めもよいので向かうことにしました。

甑(こしき)岩               岩場から絶景を望む
P6070063 P6140011_2
自然学校の生徒達            ユキザサ
P6140014 P6140004
マイズルソウ               ツマトリソウ
P6140018 P6140022
ツクバネソウ(花後)          タニギキョウ
P6140023 P6140026
大屋町横行渓谷から大段ヶ平登山口へ車をデポし、もう一台で殿下コース登山口へ向かい、下山後デポした車でまた車を取りに帰る楽ちん方法をとりました。
ブナ林を始め自然林の腐葉土が濾過し、長い年月をかけて中腹からわき出した銘水をいただき、反省会で焼酎の水割りに使ったことは言うまでもありませんね。         

        山麓に湧きでる「ブナのしずく」    
P6140028 P6140029

県下最高峰氷ノ山は養父市・宍粟市・鳥取県若桜町からなどなど登山ルートがバリュエーションに富んでいる魅力的な山です。
また標高や環境から高山植物も見られますが、今回のメンバーはさして興味があるようには見えませんでした。
来年は甑岩から見た氷の越から赤倉山・高丸山を経由して鉢伏山に登る健脚コースにチャレンジすることなりました。

 

« 丹波黒と丹近(におう)黒 | トップページ | 「戦争法案」反対です »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

チームF1といえば、Tくんはお元気でしょうか?
よろしくお伝えください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/60385723

この記事へのトラックバック一覧です: 氷ノ山 高地トレ 楽々コース:

« 丹波黒と丹近(におう)黒 | トップページ | 「戦争法案」反対です »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ