但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 国勢調査 インターネット回答 | トップページ | 不幸な時代の始まり »

2015年9月17日 (木)

蘇武岳 1074m 大糠ルート

蘇武岳は豊岡市と香美町村岡区を馬の背のように東西に分けているように見えます。
登るには東側は名色登山口から備前山ルート、万場登山口から大杉山ルート、西側からは大糠神社から大糠ルート、寺河内ルートがあり、変化に富んだルートが整備されています。
いまは通行止めとなっている阿瀬渓谷から金山峠経由のルートも含めて登ったことはあるのですが、西側からの大糠ルートだけは雨にたたられてよい記憶はないので、秋晴れが確認できた14日に久しぶりの一人旅で登ってきました。

案内によると、240mの登山口から1074mの山頂まで標高差約830m、コースタイム登り2時間半、下り1時間半となっています。
大糠神社登山口              案内マップ
P9140054 P9140055_3
コースには今では珍しくなった合目表示、登山道の案内標識や目印テープ、ポイントにはマップと現在地が丁寧に記してあります。
全体としてはよく整備されていて、林道と並行していますが一部重なるくらいで、自然林の
尾根歩きも楽しめます。
アカマツとクヌギ林            合目表示とマップ
P9140065 P9140066
             秋の茸があちこちに
P9140059 P9140069
P9140176   P9140063_2
今年は熊の目撃情報が多く、一人旅には熊よけの鈴が欠かせません。
鹿が食べないイワカガミやアセビが群落を作っていたり、リョウブの皮が食べられたり笹や下草が無くなっていて、山の根がずっと向こうまで見渡せます。
以前は登山道が下草で隠れるので、草を刈っていたそうですが、今では替わりに鹿が刈って?くれています。
リュックの熊鈴           膝にも熊鈴
P9140077   P9140072
食害をうけたリョウブ          登山道にはびこるイワカガミとアセビ
P9140076 P9140085
気持ちのよい尾根歩き          ヤマボウシの実
P9140089 P9140107
展望台                   西方向の案内板
P9140121 P9140122_4
 
展望台から西方向:氷ノ山から鉢伏山・陣鉢山・瀞川山・扇の山・蒲生峠へ 
P9140130
 
展望台から9合目へ           山頂1074m
P9140133 P9140144
 山頂方位と山名盤
 P9140156_4

山頂から北・東方向:三川山から来日岳・矢次山・大岡山と豊岡市街地
P9140145

展望台で基幹林道妙見・蘇武線を利用して車できた神戸人にあっただけで、山中も山頂も誰にも会うことはなく、本日の蘇武岳の人口密度は1.0人でした。
家から車で30分走れば登山口に到着する身近な山で、いろいろなルートが楽しめます。
次はブナの紅葉を求めて、北東側の万場登山口から大杉山ルートを登ることにします。


« 国勢調査 インターネット回答 | トップページ | 不幸な時代の始まり »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/61649895

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇武岳 1074m 大糠ルート:

« 国勢調査 インターネット回答 | トップページ | 不幸な時代の始まり »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ