但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅲ »

2015年9月29日 (火)

飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅱ

双六小屋から槍ヶ岳山荘までは西鎌尾根を硫黄乗越・左俣乗越・仙丈乗越の鞍部のアップダウンを繰り返す5時間程度の行程です。
問題は山荘から大槍までの高度100mが大渋滞するのが予想されていて、できるだけ早く肩の小屋到着が望まれます。
双六小屋の朝食は4時半ながら先着順なので、お弁当を作ってもらって4時45分にヘッドランプをつけてお隣の樅沢岳に向かいました。
樅沢岳山頂(2,755M)        夜明けの槍ヶ岳
P9210326 P9210338_2
↓ 来た道じゃ               ↑ 行く道ぞ
P9210342 P9210348
硫黄乗越                アップダウンの連続
P9210349 P9210357
槍ヶ岳山頂に到達するには表銀座から東鎌尾根、岩登りのスキルが必要とされる北鎌尾根のほか新穂高コースと裏銀座から双六岳を経由する西鎌尾根、上高地から鎗沢を登る4方向があげられます。

北鎌尾根は我が郷土の加藤文太郎が昭和11年冬に遭難した難コースでも知られています。

なかでも西鎌尾根は北アルプスの北側と西側の笠ヶ岳など眺望もよく、槍穂高連峰に向けて徐々に近づいていくことで魅力あるコースといわれています。

 周囲の山並み
 P9210339
 P9210389_2
距離はさほど長くありませんが、尾根伝いのアップダウンを繰り返しながら登るのは結構厳しいものがあります。
すれ違う登山客が、「鎗からの景色はすばらしいですよ」「きつい行程ですが頑張って!」「朝5時半から登っても山頂には2時間近くかかりましたよ」とエール?を送ってくれます。
仙丈乗越                 ミネウスユキソウ                
P9210384_2 P9210333
チングルマ(穂)             イワツメグサ
P9210350 P9210354
           槍ヶ岳山荘(肩の小屋)到着
P9210401 P9210408_2
時折ガスが湧き視界が悪くなる天気でしたが、5時間半かけて槍ヶ岳山荘3,080m到着です。
すぐチェックインですが、お昼前でも行列ができる混雑です。
水とカメラとタオルをサブザックに入れて、さっそく大槍に向かいます。
本来なら高度差100mは30分程度で登れるはずですが、行列は一向に進みません。
多分山頂に登っている人が降りたら、その人数分が最終ハシゴを登るのでしょうが、それにしても進みが遅すぎる感がします。
(その理由は山頂に着いてわかりました)
いざ大槍へ             中腹から小屋を見下ろす
P9210399_4  P9210409
 小鎗も間近             渋滞の列
 P9210410_2     P9210415
               最後のハシゴ
Dsc01078_2 Dsc01080
               山頂」到着
Dsc01088_2 Dsc01098
北鎌尾根から登頂組          北鎌尾根からの最終登り
P9210434 P9210427
登頂記念写真              山頂から肩の小屋
P9210439 P9210432
昨年登った常念岳           南東方向:殺生ヒュッテとヒュッテ大槍
P9210448_2 Dsc01097
辛抱すること2時間と10分、山頂に至ると20人超がめいめい感動に浸っています。
混雑の理由は・・・・・
①記念写真渋滞
1ヶ所しかない山頂の祠の前で山名「槍ヶ岳」看板を手に持って記念写真に時間がかかる。
グループの場合は集合が一枚、あとは個々にスマホで一人写真を撮っている。
②北鎌尾根からの登山者が続々と登ってきている。
急峻で岩場の装備と技術が必要な北鎌尾根からもかってないほど登山者が多い。

山頂にいる人の中でザックを持ちヘルメットをつけ、ロープなど登攀道具類を持っている人がいることに驚かされます。
肩の小屋から並んでいる組と北鎌尾根からの登攀組が山頂で固まっています。
ガスが出て視界がない割に山頂が空くのが遅い原因です。


         緊張する下りのハシゴとクサリ場
P9210451   P9210454  
登りも下りも岩登りの基本「三点確保」で慎重に進めば、難コースでも事故は起きていません。
山頂から途中まで登り下りは別ルートになってはいるものの、待ち時間もあり50分かけて下りました。
降り終えた14時前には昨日に続き「小屋飲み」の始まりです。
山頂から小屋前までの行列にならぶ人達を尻目に、お酒を頂くのは少し申し訳ない気もしますが、大槍を眺めながらの一杯はたまりませんね。
             登頂後余裕の小屋飲み
P9210467 P9210468_2
16時前でも混雑している大槍
P9210460
槍ヶ岳山荘の収容人員は650名、食堂は一度に150人が利用できる巨大小屋でも、この日は超満員。

大食堂                   メインは酢豚
P9210476 P9210479
繁盛する売店               今夜も布団一枚に二人
P9210406 P9210405
夕食を終えて床についたものの、むさ苦しい両隣と肩がふれあうのが気になってなかなか寝付けません。
深夜トイレに起きると、狭さに耐えられず廊下や広間に逃れて寝ている人もあり、うらやましくも感じました。

今日は晴れ時々曇りながら、大槍に登る際にはガスが湧きでて周囲の絶景は望めなかったのが残念でした。
予報では明日は晴れ一色、空には満天の星が明日の好天を約束してくれていました。
 

« 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅲ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

すごいですね~。
景色もいいし。
でも寝床は狭そうですね。
寝苦しいってのはちょっと。
しっかり睡眠とって頑張ってください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/61852452

この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅱ:

« 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅰ | トップページ | 飛騨槍ヶ岳紀行 Ⅲ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ