但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 紅葉の名所 植村直己ふるさと公園 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

2015年11月 8日 (日)

2015  加藤文太郎山の会 浜坂三山縦走

「山の日」制定記念プレイベント、加藤文太郎山の会主催の浜坂三山縦走の報告です。
案内には『「山に親しむ機会を得て、山の恵みに感謝する」ことを趣旨に、平成28年8月11日が「山の日」に制定されます。これに伴い、「単独登攀の加藤」「不死身の加藤」と言われた加藤文太郎が生まれ育ったふるさとの山を登り、山陰海岸ジオパークに位置する山や海の風景を見ながら、文太郎への思いを胸に、参加者と交流を深め山歩きをします。』とされています。
加藤文太郎記念図書館を発着点とし、浜坂三山(観音山245m)・(城山176m)・(千々見山263m)の縦走です。
縦走といってもそれぞれの山は独立していて高低差は少ないながら、登っては里に下りまた登る全行程約15km、コースタイム6時間の長丁場です。
           コースマップ(約15km)
Scn_0001_2
それぞれの山頂にチェックポイントが置かれ、三山完走者には認定証が渡されます。

参加者は申し込みが60名を超し、当日欠席があったもの横浜や京都、岡山等遠来の文太郎ファンもあわせ50名の参加とお聞きしました。
参加賞の「Buntaro Kato」の名入れマフラータオルはオリジナル、干した小魚は漁師の家に生まれた加藤文太郎の携行食で甘納豆とともに「孤高の人」にも出てきます。

開会式                   参加賞は特製マフラータオルと干し小魚
Pb080007_2 Pb090111_2
いざ観音山へ               参道が登山道
Pb080018_2 Pb080021_2
相応峰寺本堂 円通殿         観音山山頂
Pb080030 Pb080035_3
Pb080039_2
サンビーチを次の城山へ        城山登山道
Pb080049_2 Pb080052_2
灯台からの登り           城山山頂
Pb080054_2   Pb080067_2
浜坂港と観音山              諸寄港と諸寄の町並み
Pb080073_2 Pb080069_2
最後尾の赤鬼が制限時間        紅葉も盛り
Pb080072_2 Pb080074_2
城山から国道へ下って諸寄駅まで移動し、最後の千々見山にとりつきます。
大降りはないものの、絶え間なく降り続く雨で登山道もぬかるんで滑ります。
「山の会」で急登のほとんどにロープを設置していただいているので、なんとかしがみついて登ることができます。
尾根沿いの急登         千々見山山頂   
Pb080083     Pb080093
山頂展望台から諸寄港と城山    チェックポイントでハンコ
Pb080090 Pb080088_2
下りも急坂             下山は宇都野神社
Pb080095_4  Pb080100_2
          スタンプカードと完走認定証
Pb090109_2   Scn_0002_4
記念写真                  ご褒美のいとこ煮
Pb080101_3 Pb080103_2
8時に出発して観音山山頂が8寺50分、浜に降りてサンビーチ沿いに城山登山口に移動し、膝に不安があるので滑る急登を避け回り道を選び、城山山頂到着が11時でした。
強い雨にはなりませんが絶え間なく降り続く雨の中で急いで昼食を食べます。
城山山頂から東に浜坂港、西に目を向けると諸寄港の絶景が楽しめます。
12時40分到着の千々見山から宇都野神社に下り、図書館のゴールに着いたのが午後2時でした。
所要時間6時間、20分の昼食を除いて雨の中5時間40分歩いたことになります。

認定証には2015と入っているのと帰りに「来年もよろしく」といわれたので、2016以降もあるのでしょう。
反省点は雨の中誰もが先を急ぐ早いペースとなり、加藤文太郎の足跡に思いをいたしたり、絶景や紅葉を楽しんだりする心の余裕がなかったことです。
三山完走以外はリタイア扱いでなく、楽しみながら余裕を持って歩けるショートコースの選択肢もあればと感じました。
 
ゴールのあと頂いたアズキとコンニャク・サトイモが入った「いとこ煮」の上品な甘さが疲れをいやしてくれました。
聞けば三山とも参加者に展望を楽しんでもらおうと主催者側で数度にわたって整備して頂いたととのことです。
事前の諸作業や案内板の設置・コース整備、当日の運営とコース各所でのサポート・鍋の接待などなど加藤文太郎山の会の皆さんには大変お世話になりました。
後片付けも大変でしたでしょう。
おかげでよい思い出になりました。
 
 

« 紅葉の名所 植村直己ふるさと公園 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

加藤文太郎山の会」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
15km、6時間。。。
おそれいります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/62433584

この記事へのトラックバック一覧です: 2015  加藤文太郎山の会 浜坂三山縦走:

« 紅葉の名所 植村直己ふるさと公園 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 11月例会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ