但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 長楽寺住職と歴史を語ろう | トップページ | 2015 加藤文太郎山の会忘年会 »

2015年12月11日 (金)

水生山長楽寺の彫刻群

「つづら折れの段々」を登って最初に目に入るのが仁王門。
仁王門柱には、弘法大師のお言葉「虚しく往きて実ちて帰える」が掲げられています。
仁王門                   正面に麒麟
Photo_3 Photo
欄間に龍                  こちらは狗
P1310018 P1310017
中門に獏                 裏門は鳳凰
Photo_2 1

 
仁王門をくぐって正面にあるのが庫裏・持仏堂で十一面観音立像はここに祀られています。
庫裏・持仏堂                十一面観音立像
Photo_5 Img_2723
         木鼻正面に獅子、横手に獏、水引虹梁の下に龍
Img_2711_2 Img_2712
 
右手奥の鐘楼横の石段を上がると本堂薬師堂(瑠璃殿)です。
行基自らが彫刻したとされる薬師如来像が祀られています。
江戸後期、寛政3年(1791年)の建築で、向拝や建物内部外部に多くの彫刻が施されていて、豊岡市指定 有形文化財に指定されています。
          薬師堂(瑠璃殿)
Img_2698    Img_2693
彫刻は内部の欄間に「彫物師 丹州栢原住人 中井言次 同名清次」と銘があり、中井権次一統の4代目の作と思われます。
向拝正面に中井の龍           笈形?蛙股?
Img_2689_3 Img_2694_2
向拝の虹梁と手挟               側面木鼻にしかみと象
Img_2716   Img_2696
薬師堂の内部は普段は入れないのですが、夢テーブル委員会の社寺探訪グループでお願いし、拝観させて頂きました。
ご本尊 薬師如来像           欄間彫刻
Img_2745 Img_2731
Img_2729 Img_2734
                        中井言次の銘   
Img_2728 Img_2742
中井一統の手による彫刻が残されている日高町の社寺では、日前山進美寺山、布金山隆国寺、神門神社が知られていますが、ここ水生山長楽寺のものは見事なものです。
 
開創1300年の古刹でありながらも、毛利方垣屋豊続の拠点として織田信長の命を受けた秀吉・秀長に天正6年と8年の2度にわたり攻められ伽藍は焼かれ荒廃しました。
侵略者の目線でかって但馬征伐と呼ばれましたが、但馬侵攻に表現が変わりました。
 
寺に残る由緒では「戦乱で荒廃し暫く村裡に移ったが、江戸中期の正徳寛政年間に再建した」とあります。
但馬を舞台とした中央政権と毛利の争いに多くの文化財が失われたことは戦国乱世とはいえ残念なことでした。
そんな中でも200年後には本堂を中心とした堂宇を再建した檀徒や民の力に感心させられます。
 
 

« 長楽寺住職と歴史を語ろう | トップページ | 2015 加藤文太郎山の会忘年会 »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/62929066

この記事へのトラックバック一覧です: 水生山長楽寺の彫刻群:

« 長楽寺住職と歴史を語ろう | トップページ | 2015 加藤文太郎山の会忘年会 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ