但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 柿あれこれ | トップページ | 智文寺再建 境内整備 »

2015年12月 5日 (土)

モズの早贄(はやにえ)

梅やグミなどの尖った枝に見られますが、菜園の片付けをしていて竹支柱の枝先に見つけました。
冬に備えての備蓄だとか単なる本能だとか人間が憶測しますが、捉えた獲物のカエルや虫を食べるために木の枝に刺し、そのまま忘れてしまったのかも知れません。
つまり、たんなる忘れ物というのが伊佐屋説です。
蘇武岳・妙見山など1000m級の山が今朝白くなっていました。
11月に続いて2回目、古老曰く「山に三度降ると次は里に降る」、タイヤ交換、松の剪定、庭木の冬養生などまだまだ冬支度が残っています。
竹支柱の早にえ              スモモの早にえ
20151202_10331720151207_103352

<もずが枯れ木で>

作詞:サトウハチロー 作曲:徳富 繁 (1935年)

1 もずが枯木で鳴いている

  おいらは藁(わら)をたたいてる

  綿ひき車はお婆さん

  コットン水車もまわってる

2 みんな去年と同じだよ

  けれども足りねえものがある

  兄(あん)さの薪割る音がねえ

  バッサリ薪割る音がねえ

3 兄さは満州へ行っただよ

  鉄砲が涙で光っただ

  もずよ寒いと鳴くがよい

  兄さはもっと寒いだろ

この歌が作られたのは、満州事変を経て日中全面戦争に向かう時期でした。
情景が思い浮かびます。

« 柿あれこれ | トップページ | 智文寺再建 境内整備 »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

タイヤ交換しなくちゃ・・・(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/62820597

この記事へのトラックバック一覧です: モズの早贄(はやにえ):

« 柿あれこれ | トップページ | 智文寺再建 境内整備 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ