但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 府中小学校の思い出 「まくり」編 | トップページ | 2016 但馬山友会総会 »

2016年2月10日 (水)

寒餅 かき餅

節分頃がもっとも寒く、この時期に餅をつきます。
太平洋側と違い湿気が少ないわけではないのですが、寒さでよく乾きカビが生えないことやかき餅は子供達のおやつになります。

おやつのことを当地では「ええもん」と言い、学校から帰ってくると「なんかええもんおくれ」と母親にねだります。
すると一斗缶から焼いたかき餅が出てくることがありました。

 かき餅考 2008年  冬の夜 2012年  をクリックでどうぞ


薄く切ったかき餅             広げて乾かす
P2090001 P2090009
昔は玄関を入った「店」に縄で編んで吊していましたが、いまは使わない部屋で網戸を置き新聞紙に並べて乾かします。
外からの風や陽にあたると反ったり割れたりするので、カーテンは締めたままにします。
途中裏返して1ヶ月もするとできあがります。
家族が減り寒餅・かき餅を作り家も少なくなりました。
我が家も海老、海苔、黒豆、昆布、黒砂糖の5種を、餅とかき餅に分けます。

神鍋高原道の駅で販売しているかき餅の記事が出ていました。
万場のTさん、カーテンを閉めた部屋でしっかり乾かして、油で揚げずにオーブントースターで焼いて仕上げます。
味はともかく我が家も製法は名人と一緒でした。

« 府中小学校の思い出 「まくり」編 | トップページ | 2016 但馬山友会総会 »

伊佐屋物語」カテゴリの記事

コメント

僕も大好きなお菓子のひとつです。
やはり油で揚げるより焼いて堅いくらいの方が好きです。
今でも家族には呆れられるくらい食べますcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/63883767

この記事へのトラックバック一覧です: 寒餅 かき餅:

« 府中小学校の思い出 「まくり」編 | トップページ | 2016 但馬山友会総会 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ