但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 進美寺山 361m | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

2016年4月10日 (日)

2016 但馬山友会 鋳物師戻山

4月例会の一山目の案内ハガキには・・・竹野・城崎をつなぐ県道途中に「鋳物師戻峠」があります。今回この名の由来となった「大岩」と、仮称「鋳物師戻山」を、古道を伝って探索します・・・と書かれています。

昭和61年に全面開通した県道9号豊岡竹野線ですが、以前は峠越えの険しい山道でした。
峠には鋳物師戻峠(いもじもどしとうげ)、途中のトンネルにも「鋳物師戻トンネル」と訳ありな名がつけられています。

<ルート> 
金亀院→古道→大岩→旧峠→鋳物師戻山(三角点)→旧峠→愛宕さん尾根→金亀院 
(登り2時間30分、下り2時間)

出発地:金亀院さんに60人が集合     散り始めた桜の下を古道へ向かう
P4100010  P4100021

イカリソウ                    イカリソウ(白)
P4120245   P4100026

古道の登り                    ヤマルリソウ
P4100030 P4100027

竹野の町並みと竹野浜            クロモジ(餅花木)の花
P4100035 P4100031

               伝説由来の大岩
P4100061 P4100054_2

登る途中の案内板に「・・・ 木々の間から、今にも崩れ落ちてきそうな大きな岩が見えると思います。この巨岩は、全長19m、重さ100~140トンもあります。この岩の先には鋳物師戻峠(いもじもどしとうげ)があり、その名の由来は、昔、鋳物師がこの峠で大地震に出合い、頭上にある大岩が揺れるのを見て恐ろしくなり、後戻りしたという話によるとつたえられています。」と看板にありました。
近くで見るとその迫力にびっくり、これで地震でもあれば鋳物師ならずとも逃げ帰ることでしょう。
 
旧峠、山頂へ50分              短いながら急登も
P4100055 P4100057

竹野出身のKさんから、子供の頃この峠を越えて4月に行われる温泉まつりに向かったとのお話しもお聞きしました。

山頂三角点 370m              リーダー手作りの集合写真横断幕
P4100058 P4100060

ミツバツツジ                  愛宕神社の展望所
P4100064 P4100066

竹野・猫先半島               金亀(きんこう)院さん
P4100069 P4100072

大岩まで約1時間30分、さらに鋳物師戻山頂まで約1時間。
大岩付近に登る道は以前からこのコースにに注目されていた山友数名と今回のリーダーさんたちが何日もかかって、安全に歩けるよう整備して頂いたそうです。
また地元の方々もコースを整備して頂いたとお聞きしました。
これを機にこの山とルートがより多くに方に利用されることを願っています。

お天気もまずまずでランクは初級、初めて登る山ということもあって、参加者はなんと60人。
お寺の住職さんも区の方もびっくりされていて、下山後甘酒や珈琲の接待をいただくなど何かとお世話になりました。
 
次回例会は4月23日(日)、昨年雨のため中止となった「大江山(833m)」です。
 
 

« 進美寺山 361m | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

但馬山友会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/64922512

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 但馬山友会 鋳物師戻山:

« 進美寺山 361m | トップページ | 2016 神鍋山野草を愛でる会 4月例会 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ