但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 庭の草花 2016 5月編 | トップページ | 体調がすぐれません »

2016年5月21日 (土)

2016 わが家のさなぼり

屋敷裏の田圃が代掻きから4日後に、田植が終わりました。
昨年からお願いしている専業農家のSさんが5条植の機械を使って、30分足らずで完了です。
P5200311 P5210358
賑やかな蛙の合唱 → 「kaeru-gasshou.WMA」をダウンロード

耕耘・田植え・稲刈りなど機械仕事は専業農家にお願いして、除草・施肥・入排水など生育管理が私の仕事です。
これから9月中頃の稲刈りまでの4ヶ月間、家裏の田圃で稲が育っていく様子が見られます。

但馬では田植えがすんだあと、身体を休ませ慰労することを「さなぼり」と呼びます。
「早上る(さのぼる)」(田植えがおわる)から来ていると聞きますが、早春からの苗作り、耕耘や代掻きと続き、もっとも人手を要する田植えが済むと手伝ってくれた人や田の神に感謝して祝いの宴でもてなしをしたのでしょう。
 
手辺(府市場)出身の菅村駅一氏の「匂うふるさと」に、さなぼり芝居の記述があります。
『さなぼり間近になると、村はずれや空き地にのぼり旗が何本もたち、手辺の川原に小屋がけされ、歌舞伎や狂言興行され、重箱に詰めた握りや煮しめを持った村人で立ち見席
まで一杯だった』と様子が書かれています。
 
この地方でもとっくにさなぼりの習わしも消え、その言葉や意味さえも危うくなってきました。
20年前になくなった父が晩年に「さなぼりは我が代までとビール抜く」という句を残しましたが、後代の私がいまその思いを受け継いで栓を抜いています。
 
 

« 庭の草花 2016 5月編 | トップページ | 体調がすぐれません »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

現在ではなくなりつつある「さなぼり講」
お父さまの「さなぼりは・・・・・・・」の句、
いえいえ、脈々とって感じですね。
うちの区は懇親会と称して続いています。
飲まない僕でもそれなりに楽しいですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/65612568

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 わが家のさなぼり:

« 庭の草花 2016 5月編 | トップページ | 体調がすぐれません »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ