但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« あぐりキッズの稲刈り | トップページ | 伊佐屋の米作り 籾摺り編 »

2016年9月12日 (月)

伊佐屋の米作り 稲刈編

朝から遅くても午後は雨という微妙な予報に伊佐屋の稲刈りを行いました。

刈るのは専業農家のSさん、一昨年から耕耘・田植え・稲刈りの機械仕事をお願いしています。
今年劇的に変わったのはコンバインから直接軽トラに乗せた籾コンテナーへ移し、農作業場にある乾燥機に投入したことです。
 
伊佐屋圃場                 コンバインから籾コンテナーへ
20160912_104231_3 20160912_120632_3
営農組合では数年前から行われていましたが、我が家はいったん籾袋に入れて近くの農家の乾燥機で乾燥したのち農作業場に運び込んで籾摺りしていました。
いわゆる「横持ち」が2回減ったわけです。
 
軽トラを農作業場に横づけ      ホースで乾燥機と接続
20160912_122018_3 20160912_121502_3
おかげでコンバインが稼働し始めたのが11時半、籾コンテナーから乾燥機に移し終えたのが12時半、距離が近いということもあって正味一時間で稲刈り終了です。
 
籾の投入                  乾燥後は隣の籾摺り機で玄米に
20160912_121520_3 20160912_122041_2
営農組合が乾燥機4台を購入し、体制を整えたのが数年前。
省力化が一番なのと、稲刈りのあと籾のままJAカントリーに渡すだけなら価格は低いままですが、乾燥し玄米までにして渡すと付加価値がつくことが魅力のようです。
 
劇的に省力化が進み楽になった反面、副産物として夜通し運転する乾燥機の騒音と粉塵と籾殻(スクモ)の処理が出ています。
限られた期間のことなので今のところ近隣とのトラブルになっていませんが、今後は対策が必要となるでしょう。
 
 

« あぐりキッズの稲刈り | トップページ | 伊佐屋の米作り 籾摺り編 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
もう半分以上の田んぼが刈れてますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/67472103

この記事へのトラックバック一覧です: 伊佐屋の米作り 稲刈編:

« あぐりキッズの稲刈り | トップページ | 伊佐屋の米作り 籾摺り編 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ