但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 2017 神鍋山野草を愛でる会 活動開始 | トップページ | 2017 大雪被害 »

2017年3月30日 (木)

家庭菜園 2017 3月下旬編

冬越しして育ったエンドウ除草、中耕、施肥のあと、竹で支柱を作ってやります。
品種を絞りたいと思いながらそれぞれが捨てがたく、少量ながら莢・スナック・実エンドウの三種を作ります。
イチゴは除草が大変で、これも肥料(米糠、油粕、化成肥料)を与えて鍬ですき込み、雨に当てた後、黒マルチをかけて地温の上昇を助けます。
有機肥料をしっかり与えると、甘くて美味しくなると言います。
どちらもGWの後半から食べられるようになります。
 
エンドウ3種          イチゴ(宝幸早生)
20170330_154413_3   20170330_151732
ジャガイモ植
20170330_151630_2 一方春植え野菜のトップはジャガイモ。
芽が出る頃に霜にあうとダメージを受けるので早植えを控えるのですが、メークインとキタアカリ(男爵系)を植え終わりました。
芽が出ると芽欠きや土寄せ追肥がいるのと、テントウムシダマシを見つけ次第捕殺する作業が要ります。
 
種芋は園芸店で購入し、縁側などに広げて催芽のあと30g程度にカットして乾かしたあと植え付けます。
半分にカットしたものが3ヶ月後には、8から10個の芋がつきます。
水稲ほどではないものの、コスパにすぐれた優れものです。
芋は根につくのではなく、地下茎が肥大して芋となります。
ナス科であることと同じく、案外知られていません。
 
スイートコーン・エダマメ・インゲンは早生品種をトレーに播いて、トンネルで保温して苗を育てます。
順調にいけば5月中旬には移植できるでしょう。
同時にカボチャも育苗し、小野芋(サトイモの地元種)もトンネルで芽だしをします。
春先に畑の準備ができないときに育苗しておくと便利です。
 
トレーやポットに種まき     トンネルで保温
20170330_143332  20170330_151612
 
 

« 2017 神鍋山野草を愛でる会 活動開始 | トップページ | 2017 大雪被害 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/70107253

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭菜園 2017 3月下旬編:

« 2017 神鍋山野草を愛でる会 活動開始 | トップページ | 2017 大雪被害 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

無料ブログはココログ