« 2017 家庭菜園 3月初旬編 | トップページ | 東大寺 修二会 内陣参拝編 »

2017年3月10日 (金)

東大寺 修二会 お松明編

記事が遅くなりましたが、修二会の見学報告です。
但馬出発が13時半、東大寺着が17時ごろ、19時のお松明見学、21時から二月堂内でおこなわれる練行衆の行法を見学します。
行が終わるのが夜中の1時頃という長丁場です。

東大寺南大門                   二月堂
P3040002 P3040031

懸けづくりの舞台                二月堂正面
P3040055_2   P3040068

土曜日とあってお5時頃から松明目当の参詣客(見物客)が二月堂下の芝生に陣取り始めました。予想では2万人程度が集まるとのこと。


大松明見学のベストポジションに待機する参詣客(舞台から撮影)
P3040067

若狭井(お水取りの場所)            
P3040039 P3040048

増える一方の参詣客             二月堂からの夕日(中央・大仏殿、奧・生駒山)
P3040083 P3040058
752年から1266回を数える伝統行事ですが、舞台で火のついた松明を振り回すのが修二会のシンボルとなっています。
入堂する足明かりとしてお松明が燃やされ、練行衆が二月堂の登り廊下を次々登って行きます。
松明は1人に1本ずつ焚かれ、この日は10本で12日のお水取りには11本となるそうです。
待機中に修二会の行法の内容や由来などの説明が日・英・中の3カ国語でありました。

回廊から上る大松明と舞台上の大松明   南西角の大松明
P3040114 P3040122
P3040006 P3040008

お松明から燃え落ちた杉葉
P3050002

バスを連ね大松明目当ての観光客が目につきますが、毎年のように参詣し、ご利益がある火の粉を浴びるとのと、松明から燃え落ちた杉葉を持ち帰って家に祀る人があります。

約20分のお松明が終わると、一気に人が帰り始めます。
我々は付近で腹ごしらえし、21時から夜中まで続く行法に参加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2017 家庭菜園 3月初旬編 | トップページ | 東大寺 修二会 内陣参拝編 »

文化(歴史・芸術ほか)」カテゴリの記事

コメント

大変な人ですね。
お疲れ様でした。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大寺 修二会 お松明編:

« 2017 家庭菜園 3月初旬編 | トップページ | 東大寺 修二会 内陣参拝編 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。