但馬情報特急

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します

suzuran写真館とミッキーの手まり

« 2017 大山夏山開き 飲ミニュケーション編 | トップページ | 辰鼓楼 平成の大修理 »

2017年6月 8日 (木)

2017 コウノトリ 山本巣塔 足輪装着

孵化した2羽が順調に育っている山本巣塔のヒナに足輪が取り付けられました。

作業は8日9時半開始、終了は10時半頃でたまたま通行中に確認できました
6日に行われた豊岡市袴狭地区人工巣塔のヒナに次ぐ作業です。
見まもったのは私も含めて周辺住人8名、邪魔にならないよう気を遣いながら、近くで見学させてもらいました。
 
高所作業車がスタンバイ             時刻は9:45分頃          
P6080003   P6080006_3
高所作業車を使用し巣に近づき、ヒナを箱に入れて下に降ろします。
親鳥はやむなく巣を離れ、近くで様子を見まもっています。
 
網で捕獲し箱へ移す              地面に降ろして作業
P6080008_2 P6080011
下に降ろされたヒナは顔を塞がれていて、おとなしくしています。
2羽それぞれの身体測定・採血・羽毛採取(性別判定)を実施し、最後に足環が装着されました。
足輪はそれぞれの個体を確認する目印となるもので、左右両足に付けられます。
各個体の識別は「足輪カタログ 」で公表されています。
 
身体計測                      性別確定に使う羽毛採取
P6080021 P6080023
 
足輪装着                      おとなしいヒナ
P6080027 P6080026
 
巣に移動                      心配そうな親鳥
P6080035 P6080036
 
ヒナの様子を確認                定位置で見守り
P6080037 P6080040  
ヒナといっても孵化したのが4月27日、見たところ1m近い体に育っています。
因みに6日の袴狭のヒナは 3,800グラムと公表されています。
2羽とも順調に生育しているようで、今月末には巣立ちの予定です。
性別なども近く発表され、我が家付近の田んぼで親鳥と餌を食べている様子が見られるでしょう。
 
 

« 2017 大山夏山開き 飲ミニュケーション編 | トップページ | 辰鼓楼 平成の大修理 »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

すごい作業を伴うんですね!
ビックリです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2146584/70799763

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 コウノトリ 山本巣塔 足輪装着:

« 2017 大山夏山開き 飲ミニュケーション編 | トップページ | 辰鼓楼 平成の大修理 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

無料ブログはココログ