« 講演 アメノヒボコの考古学 | トップページ | 元気なおじいちゃんの紹介 »

2017年9月18日 (月)

2017 台風18号 被害

鹿児島に上陸後、高知に再上陸した台風18号は、その後兵庫県明石市付近を通過、近畿を縦断し、北陸から日本海に向う様子です。

三連休の中日、大型で強い台風が九州四国から西日本を直撃するとあって、各地で厳重な警戒態勢がひかれました。
台風の北側に当たる豊岡市は、17日も夕方までほとんど雨も降らず、河川の増水もありませんでした。
ただ台風が通過する夜から深夜まで強い雨と風が心配でした。
 
一夜明けると静かなもので雲は残ったもののお天気が回復すると言うことで、順延されていた小学校運動会も時間を遅らせて開催されます。
朝7時半に散歩がてら、桜堤から様子を見てきました。
 
上郷側の増水で橋が一時通行止      上郷橋の様子
P9180723 20170918_080508
台風が通過する20時ごろから23時ごろまで強い雨が降り、各河川の水が本流に流れ込んで一気に増水した模様です。
最高水位は氾濫注意水位(黄色)のすぐ下まで来ていました。
 
上郷橋付近府市場水位観測所        堤外 沖野々地域の畑地        
20170918_080655 20170918_074700
 
堤外農地は全面冠水               茫然自失のUさん
20170918_074913 20170918_074824
堤外地で耕作されているUさんやMさんの畑も一面に冠水し泥に埋まっています。
クロマメ・アズキなどの豆類、ハクサイ・キャベツなどの葉物、サツマイモ・サトイモなど芋類が被害を受けています。
今後収穫が期待できるのはサトイモだけとお聞きしました。
もともと堤外地のため増水すると被害を受けやすい場所ですが、被害は6~7年ぶりだそうです。
農具小屋も流失し、「もうここでは作れんなぁ」と嘆いていました。
 
堤内にある伊佐屋菜園A           伊佐屋菜園B
20170918_080854 20170918_081256
一方、堤防内にある伊佐屋菜園はほぼ無傷で、ホッとする反面申し訳ないような気がします。
 
堤外地は大水による冠水や獣被害など不利な条件の中で、先人が懸命に守ってきた農地です。
皮肉なことで堆積地のため栄養豊富で、作柄もよかったそうです。
そんな農地もどんどん放棄され、今回の被害でさらに進むかも知れません。
 
 

« 講演 アメノヒボコの考古学 | トップページ | 元気なおじいちゃんの紹介 »

お天気・気象」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017 台風18号 被害:

« 講演 アメノヒボコの考古学 | トップページ | 元気なおじいちゃんの紹介 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します