« 辰鼓楼 平成の大修理 第4回見学会 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 10月10日例会 兎和野高原 »

2017年10月 9日 (月)

2017 但馬山友会 三嶽 小金ヶ嶽

<丹波の修験道場・多紀アルプス>として案内された10月例会です。

主峰の三嶽(793m)と小金ヶ嶽(725m)を同時に登る企画です。
9月の明神山とは違う岩場歩きやクサリ場が随所に設置されていて、コースレートは「中級+」です。
まずは、三嶽(793m)、大埞(おおたわ)駐車場から直登で標高差280mの整備された道で1時間のコースに46人が参加しました。
 
登山口のミーティング              向かいのアドベンチャー施設も盛況
20171009_090441 20171009_090640
 
さわやかな林間の登り             岩場歩き
20171009_094151 20171009_094616
 
三嶽山頂                     どでかい方位盤
20171009_101749 20171009_1016470
 
                  三嶽山頂からの眺め
20171009_103210 20171009_103500
秋らしいさわやかなお天気のはずが、30度近い気温に汗をかき、ピストンで大埞(おおたわ)駐車場に下山し、昼休憩を取りました。
小金ヶ嶽へは県道を2km下った登山口から登り、大埞(おおたわ)に下る周回コースです。
 
次は小金ヶ嶽                                       まずは普通の登り
20171009_122059 20171009_124252_2
 
最初の岩場                  次々と岩場が出現
20171009_131711 20171009_132142
 
アケボノソウ                     ママコナ
20171009_123037 20171009_133801
 
                 小金ヶ嶽山頂
20171009_133335_2 20171009_134024
 
山頂からの眺め                 大埞(おおたわ)へ下る
20171009_134110_2 20171009_134106
 
連続するクサリ場                先頭は岩稜と格闘中
20171009_135720 20171009_140018
 
               クサリ場のオンパレード
20171009_140757  20171009_142921
下りはスリル満点のクサリ場が続きます。
遠くに見える岩稜に先頭が取りついているのを見て、「エッ!こんなの聞いてないよ」との愚痴も聞こえます。
 
そんなこんなで但馬にはない岩稜、連続するクサリ場と格闘しつつ全員無事降りてきました。
周到な下見によるコース配分がなされ、事故のないように先導・中盤・最後尾に位置し、気を配って頂いた担当CL&SLに感謝しつつ、同乗の中高年4人満足して帰路につきました。
 
次回は29日(日)<姫ボタル瀞川平トレラン>のうち、鉢伏山(1221m)を中心としたコースを歩きます。
コースレイトは健脚ですが、(山賊コース周回)を省いた中級コースも設定されました。
 

« 辰鼓楼 平成の大修理 第4回見学会 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 10月10日例会 兎和野高原 »

但馬山友会」カテゴリの記事

コメント

恐るべしですね。。。クサリ場。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017 但馬山友会 三嶽 小金ヶ嶽:

« 辰鼓楼 平成の大修理 第4回見学会 | トップページ | 神鍋山野草を愛でる会 10月10日例会 兎和野高原 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。