« 庭の草花 2018 新春編 | トップページ | 伊佐屋菓子店 盛衰記 »

2018年1月20日 (土)

㐂らく文庫 繁盛中

出石で調べたいこともあって、昨年5月にオープンした㐂らく文庫を訪ねてきました。

平成の大修理が終わった辰鼓楼       㐂らく文庫入り口              
P1200010 P1200032_2
場所は出石の町なか本町95番地、雰囲気のよい町屋風の建物が並ぶ一角に店を構えています。
店の窓に「古本を売っています。店内で読めます。コーヒーもあります。50円からあるよ」と書いたポスターが貼ってあります。
ちょっと上品すぎて目立たない感じです。
 
                 本が並ぶ書棚
P1200025 P1200024
オープン以後何回か訪れると先客がいらっしゃいます。
そのたびに本の数が増えていて、俳句や山の本などテーマ別のコーナーもあります。
 
古物商許可が必要なので、買い取りはしていないとお聞きしました。
売れる以上に無償で提供してもらえる本が多く、ありがたい反面整理が大変なようです。
場所に困って廃品回収で捨てられる本もここで救われているのでしょうが、求める人に売って生かすのが㐂らく文庫の使命ですね。
 
山友Mさんの句も                俳句と山のコーナー
P1200021 P1200018
 
サロンスペース
P1200028_2 開店は週1回土曜日の10時から午後4時まで、観光客が行き交う通りから少し離れていて目立ちにくい場所でもあり、人目を引く工夫が要るように思いました。
 
城下町出石に「出石㐂らく文庫」はよく似合います。
読書ファンだけでなく、町歩きで疲れた方も一休みできる場所として、㐂らくに利用してもらいたいものです。
 
㐂らく文庫の場所は 出石町本町95  ← クリックでどうぞ。
 
 
 

« 庭の草花 2018 新春編 | トップページ | 伊佐屋菓子店 盛衰記 »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

このお店は知りませんでした。
なにやら大変な蔵書も埋もってそうな。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 㐂らく文庫 繁盛中:

« 庭の草花 2018 新春編 | トップページ | 伊佐屋菓子店 盛衰記 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。