« 植村直己冒険賞に荻田泰永さん | トップページ | 笑って学ぶ江戸時代 Ⅲ »

2018年2月20日 (火)

2018 伊佐屋菜園 早春編

朝晩は冷えても陽に暖かさを感じるようになりました。

まずは冬野菜の片付けを進め、春夏野菜の為に土作りも始めます。
冬野菜もほぼ収穫が終わり、ハクサイ・ダイコン・キャベツが高騰していると聞きますが、自家栽培の我が家では自給できました。
 
昨年11月13日の菜園
20171113_094501_3
 
今年2月20日の菜園
P2200064_2
雪が溶け、2月も後半になると冬越し野菜の除草・施肥・中耕した後のマルチかけや支柱も必要となります。
 
手前ラッキョウ、奧にニンニク   エンドウ三種
P2200065  P2200066
 
除草中のイチゴ            ナバナ・コウサイタイ 
P2200071  P2200073
大変なのが草取り、いろいろな草が身を縮めながら根を張って春を待っています。
そうはさせじと人間が引き抜きます。
少しでも手を抜くと、雑草がはびこり手が付けられなくなります。
手を焼いてすき込んでも、種や根が残っていてすぐに芽を出します。
自然に帰ろうとするものと、必要なものだけを残そうとする人間とのせめぎあいが続きます。
 
 
 

« 植村直己冒険賞に荻田泰永さん | トップページ | 笑って学ぶ江戸時代 Ⅲ »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

今冬は雪が本当に少なく
春が早い。。。。。
と思ったら今朝うちのほうは積もってました

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 伊佐屋菜園 早春編:

« 植村直己冒険賞に荻田泰永さん | トップページ | 笑って学ぶ江戸時代 Ⅲ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。