« 2018 但馬山友会 神鍋溶岩流ウオーク | トップページ | 府市場桜の開花 »

2018年3月27日 (火)

2018 神鍋山野草を愛でる会 活動開始

3月1日の「春一番」の大風と気温上昇で一気に雪解けが進み、神鍋にも早い春の訪れが感じられます。
「神鍋山野草を愛でる会」が今年の活動を開始しました。
 
残雪もわずかな神鍋高原                  新年度総会
P3270023 P3270027
総会では、昨年同様例会の準備・運営を6班で分担することが決まりました。
例会は4月から10月までの第2と第4火曜日の実施を基本とします。
 
終了後さっそく観察開始です。
神鍋高原の豊かな自然も、シカなどの獣害と人による採掘や外来植物の繁茂など徐々に姿を変えつつあります。
これらの被害に耐えて生き続けているものが大半ですが、人による「コロニー化」の支援を受けて種を保つもの双方が確認できます。
 
 
ミツマタ                            アツミカンアオイ
P3270051 P3270058
 
アズマイチゲ                           シュンラン(蕾)
P3270124 P3270063
 
キンキマメザクラ                      ダンコウバイ 
P3270066 P3270045
 
フクジュソウ                          ヤマエンゴサク 
P3270083 P3270013
 
ザゼンソウ                           ミスミソウ 
P3270122_2 P3270091
 
ミヤマカタバミ                        ショウジョウバカマ
P3270106_2 P3270112
 
エンレイソウ                          チャルメルソウ
P3270128 P3270135
早咲きで知られるキンキマメザクラも目立たないほど、里の桜が早く開花しました。

観察の詳細は、「神鍋山野草を愛でる会  」をクリックでご覧ください!
 
次回例会は、4月10日(火)、シーズンが終わった高原スキー場周辺のゴミ拾いをしながら野草を観察します。
 
 
 
 

« 2018 但馬山友会 神鍋溶岩流ウオーク | トップページ | 府市場桜の開花 »

神鍋山野草」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 神鍋山野草を愛でる会 活動開始:

« 2018 但馬山友会 神鍋溶岩流ウオーク | トップページ | 府市場桜の開花 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。