« 2018 大倉部山 下見編 | トップページ | 天網恢々疎にして漏らさず »

2018年3月12日 (月)

春の便り くぎ煮

東大寺二月堂のお水取りが行われた今日から一気に温かくなりました。
週末まで暖かい日が続くとされます。
我が家に春の便りが届きました。 

イカナゴのくぎ煮
20180312_120613
神戸に住む兄夫婦からの贈り物です。
2018年のイカナゴ新子漁の解禁日は2月26日、昨年は記録的な不漁で、今年は寒さが長引いて漁に出られなくて遅れていたそうです。
片やショウガ、もう一つはサンショを入れて炊き込んでいます。
 
我が家は夫婦とも大好物で、新子漁の豊不に気を揉みながら、春の便りを待っていました。
 
兄弟や親戚など各所に送っているようで、コストも手間も随分かかるでしょうに、毎年のご好意に感謝しながら、温かいご飯やお茶漬けの友として、ダイコンおろしと混ぜたり、卵焼きの具にしたり、いろいろ楽しませてもらいます。
 
 

« 2018 大倉部山 下見編 | トップページ | 天網恢々疎にして漏らさず »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

Aさんもこの話題に触れられてました。
春の便りですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の便り くぎ煮:

« 2018 大倉部山 下見編 | トップページ | 天網恢々疎にして漏らさず »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。