« 初夏のシワガラの滝 | トップページ | 2018 但馬山友会 大山夏山開き 下見編 »

2018年5月27日 (日)

阪神ー巨人戦 サヨナラ試合

26日(土)に府市場区の2隣保恒例の旅行で、甲子園球場の阪神VS巨人戦を観戦してきました。

金曜日は1-0で阪神の勝ち、勢いに乗って土・日と3連勝して交流戦に弾みをつけたいところです。
メンバー9人のうち巨人ファンが2人、阪神ファンが6人、残る私が中立の立場です。
切符確保の都合上、立場を越えて3塁側アイビーシート(4,800円)で観戦しました。
 
                 満員の阪神甲子園球場
P5260113 P5260114
P5260123_4
試合は巨人が2点を重ねて先行したものの、阪神が4点を重ねて逆転し、8回には巨人が2ランホームランで追いつくおもしろい展開です。
 
                 ラッキーセブン ジェット風船
Ready!                       Go!
P5260133 P5260137
最終回裏の阪神が2アウトながらランナー1・2塁と攻めたて、中谷のサヨナラヒットで勝利するという虎ファンには堪えられない結果となりました。
 
巨人ファンの応援席                阪神のサヨナラ勝ち
P5260125 P5260152_2
試合よりもおもしろかったのは球場の雰囲気です。
巨人ファンがオレンジ色のグッズを身につけて、おおっぴらに応援できる席はなんとレフト側外野席4列だけ、ほかはすべて虎カラー一色に染まっています。
誰が決めたわけでもないのに、自然と棲み分けができているのでしょう。
残る巨人ファンは隠れキリシタンならぬ「隠れ巨人ファン」として、おとなしく応援しているようです。
 
どちらが勝っても気にならないどころか、できればどちらも負けて欲しい私にとっては試合よりも、球場の雰囲気や応援風景がおもしろく感じられました。
「心を一つに」は大切ですが、何ごとにおいても多様性が重視される社会で、ワンパターンで独善的な感じさえする虎キチ達を覚めた目で見てしまいました。
 
小学生の頃から野球好きで、中学時代は野球部でセカンド2番バッターで活躍?した私ですが、社会人になってラグビーを見る機会が増え、楕円球の魅力にとりつかれています。
 
 

« 初夏のシワガラの滝 | トップページ | 2018 但馬山友会 大山夏山開き 下見編 »

スポーツ・レクリエーション」カテゴリの記事

コメント

楕円球と円球と両方の経験ってのはすごいことですね。
昔と違って今はメジャーと同じようにボールパークという雰囲気ですね。
僕も昨年まで息子と2軍戦を甲子園に観に行ってました。
2軍は1軍と違ってゆっくりと野球を観ることができるので。
しかもけっこう安価でバックネット裏真ん前まで行けます。
でも今年は息子の野球を観ることが多くなったので行ってませんが。
しかしいい試合でしたね。
阪神ファンのみならず球場全体が盛り上がったいい試合だったようですね。
そういえば皮肉にも楕円球のスポーツも盛り上がってるようで。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪神ー巨人戦 サヨナラ試合:

« 初夏のシワガラの滝 | トップページ | 2018 但馬山友会 大山夏山開き 下見編 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。