« 庭の草花 2019 10月上旬編 | トップページ | 2019 但馬山友会 東里ヶ岳(664m) »

2019年10月 3日 (木)

原発マネー還元疑惑

福井県高浜町の元助役から関電幹部に12年間で3億2千万円が渡ったことで、関電が改めて記者会見を開きました。
うち2人は1億円を超える金品を受け取ったとのこと。

金品の中味は、現金・商品券・金貨・金杯・小判・スーツ仕立券とされています。
「断れば厳しい言葉で激高される」「原発事業に影響が出る」などなど、なにおかいわんやです。
「手土産の菓子の袋の底に金貨が入れられていた」に至っては、「悪徳商人と悪代官」の構図そのものです。

少し状況は違いますが、政治の世界でも似たようなことがありました。

マイブログ記事 「悪徳商人越後屋と悪代官」をクリックしてご覧ください。

贈与の元となる資金は原発関連工事によるものでしかなく、関電&工事業者&フィクサーである元助役の三角関係が類推されます。
民間会社とはいえ公益企業による疑惑は、税務当局の調査が発端とされます。
今後、収賄・背任容疑も含めて地検特捜部による捜査や株主代表訴訟などで不明朗な関係にメスが入れられ、関係者に対し世間が納得するような処罰が下されなければなりません。

« 庭の草花 2019 10月上旬編 | トップページ | 2019 但馬山友会 東里ヶ岳(664m) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。