« 人工膝関節置換手術体験記 ⅹ | トップページ | 野鳥観察 もずが枯れ木で »

2020年1月31日 (金)

人工膝関節置換手術体験記 番外編

1月も今日でおしまい、我が体験記も終わります。
初めての入院、初めての手術でいろいろ体験しました。
雑感を「番外編」として加えておきます。

< 同病相憐れむ >
同じ悩みや苦しみをもつもの同士がいたわりあい、同情しあう意味で知られています。
病棟や部屋を同じくする患者の状況はいろいろです。
同室で動けるものは私だけ、他にも高所から落下や転倒で骨折し手術、脳疾患で手術前手術後の方がいて、賑やかなものです。
他所の部屋では「おーい!」「おーい!」と何時間も叫ぶ声が聞こえてきます。
80代以上とみられる高齢者が多く、病と老いが同居しているのも特徴です。
夜中のいびきや咳払い・独り言、ナースコールで何度も目が覚めます。
「明日は我が身」と受け入れ、同情したり声かけもします。

< 知足 >
みずからの分 (ぶん) をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。
少し意味が違いますが、自分の状況を受け入れて、不足や無理を言わないことです。
とかく男性はわがままが多いそうです。
食べ物しかり行動しかり許される範囲で辛抱します。

< 感謝 >
主治医の先生には病室でのデータをもとに、何度も病室に足を運んでいただき、丁寧に説明いただきました。

手術後の数日間は大事な時期でもあり、看護師さんには食事・検温・血圧測定・患部の確認・CPMによるリハビリなどなどお世話になりました。
24時間業務と言うことで、日勤夜勤準夜勤など交代勤務の中で、情報の共有に心を配られていました。

リハビリの先生・薬剤師さん・栄養指導課の方々、病棟病室院内を衛生的な状態に保つクリーンスタッフの皆さんにも交代勤務でケアしていただきました。

< 志 > 
  ↓ 
病院の理念・基本方針・倫理綱領

ひと言で言えば「安全安心なチーム医療の提供」でしょうか。
仕事とはいえ医療に携わる「高い志」なしにできないことを実感しました。

恥ずかしい話ですが、70歳を超えて人の痛みを知り、人の情けが身に染みた1ヶ月でした。


  

« 人工膝関節置換手術体験記 ⅹ | トップページ | 野鳥観察 もずが枯れ木で »

健康」カテゴリの記事

コメント

暖かくなったらまた農園でお会いしたいですね。
無理のないようにボチボチしてください!

この記事へのコメントは終了しました。

« 人工膝関節置換手術体験記 ⅹ | トップページ | 野鳥観察 もずが枯れ木で »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。