« 人工膝関節置換手術体験記 Ⅱ | トップページ | 人工膝関節置換手術体験記 Ⅳ »

2020年1月13日 (月)

人工膝関節置換手術体験記 Ⅲ

手術1日前に入院し、病棟看護師、手術時の看護師、麻酔医の方々、最後に主治医の先生から説明を受け、付添人ともども手術同意書にサインします。
手術の方法とリスクを丁寧に説明していただきます。
特に細菌感染(化膿)、血液上の問題(血栓症・貧血による輸血など)、ほかに創部周辺の知覚異常(痺れ)、人工材料による異常反応などなど。
事前に聞いたり調べたりしていたので、特に質問もなく「まな板上の鯉」になるしかありません。

手術当日は食事抜き、朝9時開始予定で、手術室入室前や手術台でも、手術場所の確認が行なわれます。
あとは全身麻酔が効いてきて、気がつくと「終わりましたよ」とベッドに乗せられて病室へ帰ります。
左腕に点滴、手術した膝に血液を出すドレンと溜める袋がつけられ、尿道カテーテルが入れられています。
全身麻酔なので病室に移動しても、自己呼吸が定まる夕方まで酸素マスクをつけていました。
水蒸気と一緒に送られるので、鼻や口のあたりに水分がたまり煩わしかったのを覚えています。

人工膝関節全置換術 (参考動画) 

 https://youtu.be/_Aw31KRd1_M               


点滴で痛み止めの効果もあって、患部にはほど痛みは感じられませんが、発熱によるものか背中と腰の痛みに少し悩まされました。
手術した膝につけたドレンから溜まった自己血(600ml程度)袋を、点滴で戻されるのには驚きました。
輸血リスクをなくし、事前の貯血もしなくても済みます。

手術箇所と翌日からCPM(持続的他動運動装置)によるリハビリ開始
20191210_102830 20191205_114427
CPMは最初は60度で一時間、一日ごとに5度増えて、130度まで曲がると卒業です。
一方、理学療法士さんによるリハビリも始まりました。
もちろん自力で右脚を動かすことはできません。


 

 





 

« 人工膝関節置換手術体験記 Ⅱ | トップページ | 人工膝関節置換手術体験記 Ⅳ »

健康」カテゴリの記事

コメント

術後の痛みどめ麻酔にはうちのかみさんも
帝王切開後に相当悩まされましたね。
自分も昔看護師だったくせに。。。まぁ初めてってのは誰しもそういうもんですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 人工膝関節置換手術体験記 Ⅱ | トップページ | 人工膝関節置換手術体験記 Ⅳ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。