« 人工膝関節置換手術体験記 Ⅴ | トップページ | 人工膝関節置換手術体験記 Ⅶ »

2020年1月24日 (金)

人工膝関節置換手術体験記 Ⅵ

「給食編」、入院中は食事も体調を整え、体力回復をはかる大事な仕事です。
8時・12時・18時と一日3度の食事が提供されます。
一日2,000kcalを目安に献立が作ってあり、入院中の必要カロリーを満たしているようです。

献立表と朝食
20191230_142109 20191206_074249

昼ご飯と晩ご飯
20191211_115149 20191209_113541
水曜と木曜・金曜日の昼食と夕食はAかBのどちらかを事前に選んでおくことができます。
たまに「季節限定料理 焼きうどん」というサプライズもありました。
同室4人のうち、病状や体調によって食べられるのは私だけ、少し申し訳ない気がしました。

事前予約の目印と熱々の鍋焼きうどん
20191213_070955 20191213_120852
手術後約2週は「常食」でしたが、数年前から血圧降下剤を処方されていたので、「減塩食 6g」に変わりました。

(減塩食 6g)
20200106_113448薄味には慣れていましたが、大晦日の年越しそばの薄味には閉口しました。
お陰で血圧がどんどん下がって、90±5程度となり入院前の140±5と大きく差が出ました。
これは少し下がりすぎの感じがしますが、アルコールを飲まない、減塩食、安静が影響しているのでしょうか。
退院後かかりつけ医のY先生に話すと、「生活習慣を変えれば薬は不要ですね」と言われました。

不思議なことに社会人となってから半世紀親しんできたアルコールがまったく欲しいと思わなくなりました。
どうやら重度の「アルコール依存症」にはなっていなかったようです。

もともと食べ物の好き嫌いはなく、入院中の食事はすべて完食しました。
提供された金時豆・サツマイモ・ぜんざい・ようかん・フルーツの缶詰・プリン・スイートポテト・干し柿・栗きんとん、辛党の私が普段は口にしない超甘の品々も頑張りました。

肉魚は言うに及ばず、野菜まで生食はすべてなし、辛うじて果物だけだったのは安全を考えると当然でしょう。
かならずホウレンソウ・コマツナ・白菜・キクナのおひたしか和え物・湯通し・炒めのどれかが出て、ちくわ・はんぺん・しらす・かにかま・エノキダケ・ベーコンが一緒に調理されていました。

食事の担当は「栄養技術課」の職員さんで、暮れも正月も、3食の調理・セット・後片付けを看護師さんとともにお世話いただきました。
人により病状により何種かの食事を作るのは大変でしょう。
それを思えば、「足るを知ること」「食べられることに感謝」「残せば罰が当たる」が入院生活の基本と言えるでしょう。

 

 

« 人工膝関節置換手術体験記 Ⅴ | トップページ | 人工膝関節置換手術体験記 Ⅶ »

健康」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。