« 但馬の春を求めて | トップページ | 命も暮しもどちらも大事 »

2020年4月15日 (水)

神鍋山野草を愛でる会 コロナ対策

神鍋山野草を愛でる会の公式ブログ」に会の方針が出されました。

4月第2火曜日9時30分に、緊急班長会議開催し、見えない敵コロナ対応で 高齢者の多
い 団体でもあり 4月と5月の活動を中止します。
この間、各個人が責任をもって、山野草を愛でる行為まで制限することはしません。
密閉・密接・密集を避け、自らの対策として心がけてください。
植物は来年も咲きます。
しかし体力維持の為、リフレッシュする事も大切です。

会員には班長を通じてメールも流されました。
ブログやメールですぐに情報が伝わるということはすばらしいことです。

一方、但馬山友会では当面活動休止がハガキで連絡がありました。
会員数や活動スケールは違いますが、機動力は遥かに劣っています。

3年間会長を務めた間、なんとかオフィシャルなホームページかブログを作りたかったのですが、環境が整いませんでした。
忸怩たる思いを持ちつつ、これを機に実現させたいと願っています。

 

 

 

     

« 但馬の春を求めて | トップページ | 命も暮しもどちらも大事 »

神鍋山野草」カテゴリの記事

コメント

山の会の活動自粛、私たちも同様です。京都駅は通勤者だけで閑散としています。隣国の感染防御の方法を大げさな事だと見ていたが、結果的に封じ込めが出来たようです。日本欧米は侮っていなのでしょう。政略ばかり先んじて成果を上げることが出来ずに、感染拡大を許しています。いまだにマスク配給さえも買えずに、更に医療崩壊まで起きているのに、布マスク2枚で辛抱しろとは。今は超法規的な手段で「自粛手当て支給」を出して生活保障の安心感がほしい時です。

命と暮らしが天秤にかけられています。
なによりも命が大切ですが、仕事や暮しも無視することはできません。
緊急事態の名の下に、「右向け右」はなじめません。
リスクを考慮しながら、知恵や工夫を出し合って自然を楽しみたいものです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 但馬の春を求めて | トップページ | 命も暮しもどちらも大事 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。