« 2020 コウノトリ 山本巣塔 子育て中 | トップページ | ブラジルからの便り »

2020年5月22日 (金)

責任の取り方

「責任はあるけど取らない」安倍政治の特徴はこの一言に尽きると思います。
不祥事や疑惑で辞任した大臣の任命責任は、派閥推薦者や自分のお気に入りやお友達を優先したことです。
最近では、河井克行法務大臣が辞任して済むどころか、妻の案里参院議員の選挙での買収疑惑捜査も大詰めを迎えています。
直近では、黒川検事長を巡るごり押しの閣議決定、そして賭博による黒川氏の辞任が挙げられます。

「いずれも任命責任者である私に責任がある」とはっきり宣います。
「責任はあるけど、取らない」これが安倍首相の根本姿勢とさえ思えます。
いちいち責任を取って辞任せよとはいいませんが、問われているのは「責任の取り方」です。

問題がでればすぐに改めて、同じことを繰り返さないことです。
他の人や国民の意見をしっかり聞き、数を頼ってのごり押しを止めることです。
まず、国民の批判が多い検察庁法改正案は継続扱いにせずに、即時廃案とすることです。

「森友学園疑惑、加計学園疑惑」は言うに及ばず、「桜をみる会」の招待範囲や基準の不透明さは政治利用であり、夜に行なわれた後援会のパーティによる資金疑惑などなど、隠したり責任を取らないことは数々あります。

こんなことを許している与党自民党、公明党も責任を問われなければなりません。
何より6回も選挙に勝たせ、長期政権を許した国民が責任を取って政権を変えなければなりません。

 

 

   

« 2020 コウノトリ 山本巣塔 子育て中 | トップページ | ブラジルからの便り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。