« 沖縄戦「終結」の日に思う(再々録) | トップページ | ジャガイモの収穫と生育について »

2020年6月24日 (水)

神鍋山野草を愛でる会 6月例会 床瀬・三原周辺観察

5月26日の「竹野町三椒地区をめぐる」に続く残き、床瀬方面へ下りながら観察しました。
1ヶ月経つと蕾から花へと、花から実になっている変化が楽しめます。
道沿いは、シカが嫌う植物(イワヒメワラビ・タケニグサ・マツカゼソウ)が群生しています。
群生場所は異なっていて、それぞれが棲み分けているようです

三原~床瀬頂上 尾根から 西側三川山系と三原集落を望む、 ツヅラフジ
Img_7339 Photo_20200624142601

これから北東側を歩く

左奥に来日岳、矢次山 & イワヒメワラビ
P6230173 P6230145

タケニグサ & 花
P6230181  P6230197   

オオバヤシャブシ実 & ムラサキシキブ
P6230151 P6230156

ウツギの実 & タニウツギの実
P6230187  P6230163

ヤマアジサイ & イイギリ若実 葉裏白い
P6230167 P6230154 

マタタビの花 & マタタビの葉の白化
P6230179   P6230174

ヨウシュヤマゴボウ & サルナシの花(キューイフルーツと同科)
P6230185  P6230191      

ヤマジノホトトギス & ホタルブクロ
P6230215  P6230220  

北西から見た大岡山 & 伊佐屋から見た大岡山
P6230226 Horizon_0002_burst20200621193136794
我が家から見る大岡山は丸い形で、旧府中中学校の校歌3番に、♪大岡山の円かなる姿を自(おの)が鏡とし・・♪と歌われています。
見る場所によって姿を変えるのは当たり前のことですが、同じ山とは思えませんでした。

この日の観察の詳細は → 神鍋山野草を愛でる会ブログをクリックしてご覧ください。

梅雨の中休みの晴天で、太陽が照りつけますが、道沿いの森や林、植物が日差しを遮ってくれました。
7月例会は14日(火)万場周辺を観察します。9時30分天神社集合、弁当持参で。

 

                              


 


« 沖縄戦「終結」の日に思う(再々録) | トップページ | ジャガイモの収穫と生育について »

神鍋山野草」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。