« 2020 神鍋山野草を愛でる会 深まる秋 | トップページ | Wi-Fi環境の改善 »

2020年10月29日 (木)

黒鶴栽培記 Ⅵ

10月半ばから豆が太リだし、半分以上をエダマメで食べてしまいました。
残りは完熟させた後、天日干しして豆として、豆餅や豆煮・豆ご飯で食べます。
同じものでもエダマメとなると野菜、豆にすると穀類に分別されます。

葉を落とし完熟させる ・ 鈴なりの黒鶴
Dsc_0013_20201029081301 Dsc_0021_20201029081301
もとは一昨年の2月大屋町での講演会「種子は地域の財産(たから)」でいただいたものす。
講師の保田茂先生が、在来種を受け継ぐ大切さを説いて、参加者に「黒鶴」の種を2粒ずつ配られました。
2年でここまで増えたのと、種が欲しいとのリクエストもあって来年度は更に広がるでしょう。

<黒鶴栽培・過去記事>

黒鶴栽培記 Ⅰ
黒蔓栽培記 Ⅱ
黒蔓栽培記 Ⅲ
黒蔓栽培記 Ⅳ
黒鶴栽培記 Ⅴ

隣の畝では「丹波黒大豆」が、順調に育っています。
黒鶴と較べて一回り大きく、ぼってりした食感が楽しめます。
こちらは半月遅れて収穫します。

丹波黒の収穫時期である11月半ばを過ぎると、但馬特有の冬型気候になります。
大型農家は乾燥機を使いますが、小規模農家の伊佐屋菜園では、晴れて曇って雨が降る難しいお天気を見ながら、ムシロでの天日干しに精を出します。

 

    

 

  

« 2020 神鍋山野草を愛でる会 深まる秋 | トップページ | Wi-Fi環境の改善 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。