« 秋の七草 | トップページ | プリンターが生きかえりました »

2020年10月 4日 (日)

黒鶴栽培記 Ⅴ

Dsc_0022_20201005094201 10月の声を聞くと、但馬黒豆の在来種である「黒鶴」が太り始めました。
この分では、11日の秋祭りには食べられるでしょう。丹波黒豆がエダマメとして食べられるのは、10月の20日以降月末頃となります。
少し小ぶりですが早稲種の黒豆として、ビールのお伴にうってつけです。


昨年初めて栽培してよかったので、行きつけの焼き鳥屋の先代大将に種を分けてあげました。
そちらも順調に育っているようなので、ひょっとして「但馬黒豆(黒鶴)」としてメニューに載るかも知れません。

 

 

 

 

      

« 秋の七草 | トップページ | プリンターが生きかえりました »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。