« 但馬山友会 夜久野高原 宝山 | トップページ | 京丹後市 味土野 »

2021年4月20日 (火)

2021 4月臨時例会(神鍋高原ブナ林)

新芽が芽吹き若葉となって、山全体が膨らむ「山笑う」神鍋高原のブナ林を巡りました。
月2回の定期例会とは別に、ブナの新緑と上天気を考慮した臨時例会に11人が参加しました。蘇武岳や大杉山など高山ではなく、住宅の裏山にブナ林が見られる神鍋高原です。

「山麓から奥神鍋、万場スキー場や大杉山の残雪が望め、ブナの新緑が目立ちます。
兵庫県でも有名な、民家の裏山にブナが迫り、日毎に大杉山の頂上に向け駆け上がる自然の営みが観察出来ます」

神鍋高原のブナ林
P4200214 P4200216

         観察ルート地図(クリックで拡大)
        Img_20210421_0001    
10時スタート、地図の等高線を読み、山田区の350mから尾根沿いを564mのピークまでルートを探り、途中昼食も挟み野草や木々の変化を楽しみながらブロン谷へ下りました。

ブナ林の木漏れ陽
P4200241 P4200240

ブナの葉と花
P4200244 P4200236

歩きやすい尾根道 & ムシカリ(オオカメノキ)
P4200252 P4200251

ウスギヨウラク(ツリガネツツジ) & ヤマナシ
P4200286 P4200289

ニリンソウ & ワサビの花 & カスミザクラ
P4200295 P4200299 S__47562756
 
         ブナの林で森林浴
      P4200312
10時にスタートして、地図の等高線で地形を読み、針葉樹や広葉樹マークを確認しながらのゆっくり歩きなので、足腰にハンディがある会員もなんとか一緒出来ました。
栗栖野区の住人のSさんにはシカ柵を開けて裏山に入ることを許していただきました。

この日の観察の詳細は → 神鍋山野草を愛でる会ブログ ←  をクリックしてご覧ください。



                                   









 

    

« 但馬山友会 夜久野高原 宝山 | トップページ | 京丹後市 味土野 »

神鍋山野草」カテゴリの記事

コメント

すっかり初夏の様相ですね。
山々に新しい緑も映えてきました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 但馬山友会 夜久野高原 宝山 | トップページ | 京丹後市 味土野 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。