« 2021 神鍋山野草を愛でる会 5月例会 大岡山周辺 | トップページ | 伊智神社 令和の大修理 Ⅰ »

2021年5月30日 (日)

2021 伊佐屋菜園 虫闘編

気温も地温も上昇して、夏野菜の生長が目立つようになりました。
<ナス科>
ジャガイモの生育期に要注意なのは、テントウムシダマシです。
可愛いなんて思っていると卵を産み、幼虫となると葉を食べ出します。
葉の裏に卵を産み、幼虫から成虫になります。
ジャガイモ収穫後は、ナスやトマト・ピーマンなどナス科野菜に移り活躍?します。

テントウムシダマシ & 食害
Dsc_0003 Dsc_0020_20210530125201

ウリバエ & アオムシ
Dsc_0012_20210530125201 Dsc_0017_20210530125201

<ウリ科>
カボチャやキュウリやウリ・メロンなどのウリ科にはウリバエ(ウリハムシ)が大敵です。
地中で越冬しして、この時期に出てきて盛んに葉を食べます。
葉の裏に卵を産み、幼虫になり成虫になり、ナスやトマト・ピーマンなどナス科野菜の葉を食べます。

<アブラナ科>
アオムシはこの時期はキャベツにモンシロチョウが卵を産み付けます。

いずれも駆除するには、殺虫剤が有効ですが、早朝の朝露で葉が濡れているとき、裏にひそむウリバエも飛ぶことができず、簡単に手で潰せます。
またアオムシも早朝に糞が残っていてすぐ分かります。
それぞれ根負けしなければ確実に減って最後には居なくなります。

 

 

 

« 2021 神鍋山野草を愛でる会 5月例会 大岡山周辺 | トップページ | 伊智神社 令和の大修理 Ⅰ »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

僕のピーマンも虫に食われちゃいました。
が、指導を受けて殺虫剤を。
その後パプリカがなりました!

この記事へのコメントは終了しました。

« 2021 神鍋山野草を愛でる会 5月例会 大岡山周辺 | トップページ | 伊智神社 令和の大修理 Ⅰ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。