« 新型コロナワクチン接種 1回目 | トップページ | 但馬丹後震災畵報 Ⅱ 號外 »

2021年5月23日 (日)

但馬丹後震災畵報 Ⅰ

円山川河口付近を震源とする「北但大震災」が起こったのが大正14年5月23日、今年で96年を迎えました。
当時の豊岡町・城崎町を中心に死者420名、全焼約1,700戸、全壊約800戸という大きな被害をもたらしました。
「畵報」には、「(前文省略)・・最初の大振動と共に城崎では百二十四戸、豊岡では一千五百八十三戸を焼き、両町はまったく全滅してしまったのである」と記されています。

翌5月に写真集「但馬丹後震災畵報」が、大阪毎日新聞社から発行されています。
(畵は画の旧字体)
代々府中郵便局長を努められているKさんからお借りしてきました。

Photo_20210524064002 Photo_20210524064601

豊岡小学校校庭に集まった避難者の群れ(右奥建物は旧制豊岡中学校本館?)
Img_20210524_0004

地蔵湯付近から眺めたの城崎温泉
Img_20210524_0003

「天災は忘れた頃にやってくる」(寺田寅彦の言葉とされる)こともあり、予知が全くと言っていいほどできない地震ですが、過去や歴史から学んでおきたいものです。
「災害の記憶を風化させることなく、防災・減災対策に生かす」として、例年開催されていた「北但大震災メモリアル写真展」も緊急事態宣言発令で中止されました。
(この写真展でも、「但馬丹後震災畵報」の写真が多く使用されています)

なお、「但馬丹後震災畵報」は、豊岡市立図書館に保存されているのと、国立国会図書館にも保存されています。
写真展で見られないなら・・・・・・

国立国会図書館デジタルコレクション 「但馬丹後震災畵報 をクリックして検索してください。
62コマ全部が見られます。URLは https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/967851 











 

 

   

« 新型コロナワクチン接種 1回目 | トップページ | 但馬丹後震災畵報 Ⅱ 號外 »

但馬物語」カテゴリの記事

コメント

やはり忘れないってことが大事ですね。
それは結局語り継いでいくほかないってことかと思います。
今朝の新聞に震源地近くの田結地区が出てました。

この記事へのコメントは終了しました。

« 新型コロナワクチン接種 1回目 | トップページ | 但馬丹後震災畵報 Ⅱ 號外 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。