« 新型コロナワクチン接種 | トップページ | コロナ対策ワクチン予防接種 »

2021年5月 2日 (日)

2021 コウノトリ山本巣塔に異変?

4月9日に「コウノトリ山本巣塔 再抱卵」を記事にしました。
今年の山本巣塔はなんだか変です。
抱卵したと思えば巣を空っぽにしたり、また2羽が巣塔で時間を過ごしたりしています。

5月2日の山本巣塔
P5020068 P5020073
近所のある方にお聞きすると、「どうやら従来のペアにもう1羽が加わって三角関係」という噂があるそうです。
確か同じ日高町内の広井巣塔のペアは「同性なので、卵を産んでも孵らない」との話も聞きました。
狭い地域で個体が増えると、近親交配や巣の略奪なども心配されます。
コウノトリ夫婦は「貞節を守る」といいますが、乱れは人間社会だけではなさそうです。

噂の真偽はともかく、山本巣塔に何か起こっているようです。
最近巣にいないことが多く、2日に立ち寄ってみると、ペアが巣塔にいて、1羽が飛び立ったあと1羽が残って、抱卵の様子はありません。
ここのオスは足輪がなく、他は足輪で確認できるのでしょうが、私には判別できません。

 

« 新型コロナワクチン接種 | トップページ | コロナ対策ワクチン予防接種 »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

その広井巣塔でも同じようなことがありましたよ。
初めてカタカタと3羽ものコウノトリが巣塔近くで。
聞くに三角関係(=_=)とのことでした。。。
広井の方で識別される方に聞きました。
三角関係って。。。と驚いたことを憶えてます!

ありがとうございます😀

隆造様 
初コメントありがとうございます。
栄治さんのコメントにあったように、やはり広井の1羽が関係しているようです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 新型コロナワクチン接種 | トップページ | コロナ対策ワクチン予防接種 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。