« 2021 黒鶴栽培 | トップページ | 庭の草花 2021 6月下旬 »

2021年6月25日 (金)

伊智神社 令和の大修理 Ⅱ

本殿修理が基礎のコンクリート打ちに続き、土台の固定と柱の繋ぎ工事を終えました。
ジャッキアップもなくなり、土台と基礎がしっかり収まりました。

土台はすべて交換(クリ)、柱はヒノキで補修、本殿の向背下を囲む「浜縁」が取り付けられようとしています。
浜板の材は厚さ40mmのケヤキが使われます。

本殿正面 & 西南方向
Dsc_0018_20210626075101 Dsc_0001_20210626063201

東南方向 & 東北方向
Dsc_0004_20210626063201 Dsc_0010_20210626063201  

基礎と柱を金具で固定
Dsc_0008_20210626080201  Dsc_0013_20210626075501

西北方向 & 取り付けを待つ浜板
Dsc_0004_20210626075201 Dsc_0019_20210626063201
歪んだ基礎をコンクリートで直し、腐蝕していた土台や柱が交換され、耐震金具も使われています。
これで耐震性が大きく向上し、残るリスクといえば、台風や大風で周囲の大木の大枝が落ちてくることです。

文化財修理は、交換部分を最小限にして建物本来の威厳と雰囲気を損なわないことが大切です。
交換部分も周囲と馴染むような塗装が施されることでしょう。
臨時補修してある高欄の一部も気になりますが、破損部分だけの交換とはならず、高額となることから補修対象から外れました。

●約1ヶ月前の本殿ジャッキアップ、基礎のコンクリート工事の様子は・・・
伊智神社 令和の大修理 Ⅰ」← クリックしてご覧ください。

●伊智神社護持の歴史は・・・・
「伊智神社護持の歴史」
 → ダウンロード - ichijinjyagoji.pdf

 











 

    

« 2021 黒鶴栽培 | トップページ | 庭の草花 2021 6月下旬 »

府市場物語」カテゴリの記事

コメント

すごい重厚感ですね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 2021 黒鶴栽培 | トップページ | 庭の草花 2021 6月下旬 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します