« 秋たけなわの立山  Ⅱ | トップページ | 2021 小山譲 秋の作品展 »

2021年10月21日 (木)

2021伊佐屋菜園 秋冬野菜繁忙期

10月半ばを過ぎると一挙に寒くなりました。
シベリアの寒気が南下してくると北部日本海側は、その影響でシビシビとした雨が降ります。
「弁当忘れても、傘忘れるな」が現実となる季節がやってきます。

伊佐屋菜園も寒さの到来とともに、アブラナ科のダイコン・白菜・ブロッコリーやキクナ・レタス・黒豆・ミズナが食べられるようになります。
サトイモ・ショウガ・サツマイモ・ニンジンなど根野菜も収穫期を迎えます。

一方、農作業も来年収穫する冬越し野菜のイチゴ・ニンニク・タマネギが定植時期を迎え、エンドウの種まきで秋仕舞いを迎えます。
2年連続した「別荘行き」が今年はなさそうなので、今年はせっせと草取りにも励んでいます。

エンサイの花(ヒルガオ科) & アスパラ菜(蕾や茎を食べる
Dsc_0577 Dsc_0574

ニンニクが芽を出す & タマネギの植床
Dsc_0578   Dsc_0592

定植済みのイチゴ & 収穫時期のショウガ
Dsc_0586 Dsc_0616

ネギ & サトイモ
Dsc_0611 Dsc_0618

カリフラワー(ロマネスコ) & キャベツ・ブロッコリー
Dsc_0581   Dsc_0583

ミズナ・小カブ & タカナ
Dsc_0582   Dsc_0579

ニンジン & ハクサイ
Dsc_0590  Dsc_0580

サニーレタス & 七夕豆
Dsc_0591  Dsc_0597

ラッキョウ & ニラ
Dsc_0608 Dsc_0607

黒豆(黒鶴)
Dsc_0612 Dsc_0613

ダイコン & セロリ
Dsc_0589 Dsc_0609

         伊佐屋菜園A全景
   Dsc_0598

自家製の果物では、スダチが大豊作、柿は昨年の反動で数が少なく、花ユズも豊作でこれから色づいてくるでしょう。
少量多品種ながら、取れすぎると親戚や近所・友人に無料の「押し売り」しています。
















« 秋たけなわの立山  Ⅱ | トップページ | 2021 小山譲 秋の作品展 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

葉物野菜はむずかしいですね~。
柑橘系はいただいたら何かと重宝するので嬉しいですね!
今度はラデッシュに挑戦予定です!

この記事へのコメントは終了しました。

« 秋たけなわの立山  Ⅱ | トップページ | 2021 小山譲 秋の作品展 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。