« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月29日 (日)

庭の草花 2022 5月下旬編

初夏から梅雨入りまでのすがすがしいお天気が連日続きます。
「さわやか」は秋に使い、初夏は「清々しい」と言うそうです。

シャクヤク & ミニバラ
P5290223 P5290235

シロアヤメ & カラー
P5290233  P5290229

ツユクサ & シロバナツユクサ
P5290296_20220529094401   P5290225

ズッキーニ & カキ
Dsc_0010_20220529093501 P5290241

シラン & シロバナシラン
P5290247  P5290267

ミニトマト & ゴーヤ
P5290257  P5290261

バジル & ビオラ
P5290256  P5290254

ユキノシタ & アッツザクラ
P5290250  P5290264

サボテン & ニゲラ(クロタネソウ)の花と実
P5290269 P5290291

ディンドロビウム & キツリフネ
P5290272  P5290274

クレマチスの花後 & ヤナギハナガサ
P5290278  P5290279

ムギナデシコ & セッコク
P5290281  P5290323

キョウカノコ & ホワイトレースフラワー
P5290297  P5290306_20220529094501

ホタルブクロ & ヒペリカム
P5290313  P5290320

ベンケイソウ
Dsc_0013_20220612083301






続きを読む "庭の草花 2022 5月下旬編" »

2022年5月28日 (土)

2022 伊佐菜園 夏野菜の支柱

夏野菜は生長するに従って、上や横に大きく伸びるものが多く、支柱や下敷きで補助してやります。

トマト・ピーマン・シシトウ & ナス
Dsc_0010_20220528085801   Horizon_0002_burst20220528062257654

インゲン & キュウリ(ネット)
Dsc_0013_20220528085801  Horizon_0002_burst20220528080908899

スイカ・メロンの下敷き
Dsc_0015_20220528085801
晴天続きで難しかった杭打ちも、26日夜から27日未明まで降った雨で可能になりました。
同じつる性の作物でも、インゲン・キュウリは縦に伸び、スイカ・メロンは横に広がります。
これからは、作物に応じた芽欠きや整枝をしながら、時期に応じた追肥が必要となります。






 

2022年5月26日 (木)

イラストを追加しました

ブログの左サイドバーのプロフィール欄に伊佐屋君のイラストを追加しました。
以前ある方に作っていただいたものに、写真編集ソフトで眼鏡を加えました。
リタイアして10年、いまや家庭菜園が主たる仕事となってこんな雰囲気です。
自己紹介文も載せています。「プロフィール」をクリックしてご覧ください。


1_20220526081101     2_20220526081101

 

 

    

2022年5月24日 (火)

2022 神鍋山野草を愛でる会 5月例会(溶岩流)

5月後半の例会は神鍋溶岩流を山宮~石井~栃本~山宮までぐるっと一周します。
お天気は晴れ、気温は30度を超す予報です。

神鍋溶岩流マップ & 観察風景
P5240056 P5240061

初夏の溶岩流
P5240186P5240205

ウツギ & キツリフネ
P5240065  P5240068

ヤマボウシ & ハルジオン
P5240069  P5240058

ミヤマナルコユリ & ハナイカダ
P5240097P5240104

ハンショウヅル & フタリシズカ
P5240119P5240126_20220524154801

エゴ & タツナミソウ
P5240127  P5240138 
この日の観察の詳細は、 神鍋山野草を愛でる会公式ブログ ← クリックしてご覧ください(46種の花や木・野草が載っています)

次回の観察は6月14日(火)、神鍋山周辺の観察と特定外来生物「オオキンケイギク」の駆除を行います。

                                                                                            





2022年5月23日 (月)

2022 コウノトリ山本巣塔 孵化確認

5月19日の記事で「孵化か?」を発信しました。
その後立ったり座ったりしているのを見かけましたが、23日に巣塔にヒナ鳥がいるのが確認出来ました。

山本巣塔
P5230200 P5230229

ヒナを確認
P5230193 P5230187

巣塔下の田んぼで水飲み & 帰巣
P5230198P5230220  

ヒナに水やり & 羽を広げると巣塔が収まる
P5230228  P5230216
いまのところヒナの数は確認出来ませんが、様子からすると複数いるようです。
10日も経てば巣から身を乗り出して餌をねだる姿が確認出来るはずです。
この日も世話をしているのは足環のないオスで、メスは遠く離れた田んぼで餌をとっていました。
コウノトリの郷公園のホームページ「野外繁殖情報」で、山本巣塔は「産卵」となったままですが、近々「孵化」の確認がなされるでしょう。

 

 

 

2022年5月22日 (日)

2022 但馬山友会 5月例会 三岳山

但馬山友会5月例会は、前半の丹波市の三尾山は欠席して、22日の三岳山(みたけさん)に参加してきました。
鎌倉後期から山岳霊場の歴史を持ち、福知山市の名山で839mの標高です。

「三岳青少年の家」(閉鎖中)駐車場に集合し、金光寺(きんこうじ)さん横の登山口から登ります。370mの登山口からの標高差469mとなり全行程3時間30分の「初級」設定です。
例会記録を調べてみると、2007年4月以来の三岳山で、近場であるにもかかわらず縁が薄かった山です。

三岳神社までは1時間、さらに山頂までは約30分のコースタイムで、膝腰に不安がある私でもなんとか登れそうです。
初夏から梅雨入りまでの安定した気圧配置で、連日お天気が続きます。
お天気もよく初級で登りやすいこともあって参加は47人、久しぶりの大人数でした。
      Slpc05
登山口の金光寺さん & いきなりの急坂
P5220003P5220005

スギ・ヒノキの植林帯 & コナラ・クヌギの自然林
P5220009P5220006_20220523091101

新緑の林を進む
P5220028 P5220054

随所にマムシグサ & フタリシズカ
P5220012   P5220011

クリンソウ & ヤマシャクヤクの花後
P5220034  P5220036

タニギキョウ & ギンリョウソウ
P5220016 P5220051
「フタリシズカが咲いていますよ」と言うと、「えッ!一本だからヒトリシズカでは?」と返ってきます。名前は「フタリ」でも1から5本くらい花穂がつきます。この日の三岳山はお一人様がほとんどでした。

三岳神社(南北朝頃の蔵王権現)
P5220049 P5220039

急坂の連続 & 三岳山山頂(839m)
P5220040 P5220043

反射板がある山頂広場 & 方位と山名地図
P5220044 P5220047

但馬の山々・白く輝く但馬ドーム & 但東・丹後の山々
P5220045_20220523131301 P5220046
山頂からの眺めは立木が邪魔をしているもののまずまずです。
北に郷路岳・江笠山・磯砂山・高竜寺ヶ岳、北西には三角錐が見事な来日岳が霞んで見えます。

下りは同じ道をとりますが、急坂の連続なのとペースが速くなるのでついていくのが大変でした。所要時間は60分、13時前には登山口に到着しました。大人数が休憩するには8合目付近の三岳神社しかないほど平地部分の少ない山との印象を受けました。
また新緑の木立を吹き抜ける風が清々しく感じました。 

担当リーダーはサブリーダーと一緒になって、下見を行ない例会を運営します。
駐車場やトイレの心配、コースタイムの設定、安全の配慮、山によってはエスケープルートを考えます。
当日は集合場所の案内や受付、会員の看護師さんが「救急処置物品」を携行し、サポートしていただきます。
今回はKさんが初リーダーを務め、4人のサブリーダーとともに、安全に留意しながらしっかり運営していただきました。
会員の皆さんが安心して登山が楽しめるのは、担当役員の尽力によるもので、解散前には必ず参加者全員が大きな拍手で「感謝と労い」の気持ちを届けます。

私はといえば参加するに当たって痛み止めを最大量服用し、最も不安な腰には消炎鎮痛シップを張り、コルセットまで装着しました。
下りは腰に少し痛みがきましたが、昨年の7月は腰の手術でベットに寝ていたことを思えば格段の進歩です。
手術をしても痛みは無くなりませんが、上手にコントロールしながら、初級レベルの例会なら参加できる自信がつきました。






2022年5月20日 (金)

2022 伊佐屋菜園 初夏編

5月も半ばを過ぎ、夏野菜の苗が活着から成長へと変化してきました。
一方、年越しのタマネギ、ニンニクが、収穫に向けた準備を始めています。

   伊佐屋菜園(A)全景
  P5190103_20220520081801
ご覧のように国道や県道に挟まれ、東は円山川に面しています。
シカやイノシシは出ませんが、夜になると小動物獣が出てきます。
イチゴやスイートコーンは獣の大好物で、周囲を網で囲います。

西側 &東側。
P5190116 P5190115
気温25度から30度近くになると、夏野菜は一気に成長します。
杭を打ち支柱を立てたり、スイカやカボチャのようにシート張りや蔓を伸ばす作業が必要になります。

菜園(B)
P5200001 P5200004
菜園(B)にはネギ・エンサイ(空心菜)・サツマイモ・サトイモが植わっていて、6月初旬になると黒豆の早稲種(黒鶴)を播きます。


  

    

2022年5月19日 (木)

2022 コウノトリ山本巣塔 孵化か?

4月7日の「産卵推定」から1ヶ月半が経ちました。
豊岡市のあちこちの巣塔で孵化が確認されています。
ずっと座って卵を抱き続けていた山本巣塔のオスが立ち上がっていました。
孵化したの?ヒナ鳥は何羽?と気になりウオッチを続けました

♪田んぼの中の1軒屋♪ & 立ち上がっているオス
P5190121 P5190098

メスが帰巣 & 交代
P5190127 P5190130

しゃがみ込んだり立ち上がったり
P5190148 P5190168

高所の巣塔であるのでヒナの存在も数も確認できませんでした。
今後、しゃがみ込むことがなくなり、給餌行動をするのが見られるとヒナの姿も確認できるでしょう。

 

 

    

2022年5月16日 (月)

「沖縄へ返せ」

5月15日は沖縄本土復帰の日。50年前の1972年(昭和47年)のこの日、戦後27年間アメリカの統治下にあった沖縄が返還され、沖縄県としてスタートしました。
ところがせめて本土並みを希望した県民にとって、銃剣とブルドーザで住民の土地を奪う基地づくりが始まり、負担はさらに増えました。

私が大学生の頃、ベトナム反戦・沖縄返還運動が平和を愛し正義を尊ぶ学生の重大関心事であり、運動に連帯してよく歌ったのが「沖縄を返せ」でした。

最近歌詞の一部を変えて歌われていることもあるそうです。

♪ 民族の怒りに燃ゆる島 →  ♪ 県民の怒りに燃ゆる島

本土と沖縄で考えがかけ離れてしまい「県民」とした方が、今の沖縄の思いをより強く伝えられるのでしょう。翁長前知事が問いかけた「甘えているのは沖縄ですか?本土ですか?」の言葉が胸に染みます。

♪ 沖縄を返せ 沖縄を返せ → ♪ 沖縄を返せ 沖縄へ返せ

日本の総面積の0.6パーセントの沖縄に、70%の米軍基地が集中している現状が変わらぬことに、もはや本土との「連帯感」はなく、アメリカ政府と他人事のように考えている本土に向けて叫んでいるような気がします。

     

 

2022年5月15日 (日)

沖縄返還50周年に思う

昭和の沖縄にとって忘れてはならない日があります。
6月23日沖縄戦終結の日と5月15日沖縄返還の日です。

50年前の1972年(昭和47年)のこの日、戦後27年間アメリカの統治下にあった沖縄が返還され、沖縄県としてスタートしました。

伊佐屋君が島根大学に入学したのが1967年、アメリカによるベトナム侵略・安保改定・沖縄返還・大学紛争など政治的課題が湧くように出て来た時代でした。

島根大学では、復帰前の沖縄県において、日本本土の大学への進学を支援するために設けられた「国費留学生」が学んでいました。
「屋宜」「津波古」「古波蔵」「新垣」「宮里」「具志堅」、そんな沖縄らしい姓を持つ学生達です。
本土との往来には「パスポート(渡航証明書)」が必要、通貨はドル・車は右側通行を始め米軍占領下にある沖縄の現実を聞き、自身の無知を恥じたものです。

アメリカ軍の占領支配下にあり、たえず戦争の危険にさらされていた沖縄において、’68年に、B52の撤去を要求し、県民の平和な生活を勝ち取るため広範な県民を結集して、「いのちを守る県民共闘会議」が結成され、’69年に全県ゼネスト実施が計画されました。
沖縄全県あげてのこの闘争は、広範な国民の注目を喚起し、全国津々浦々でこのゼネストに連帯する闘争がまきおこりました。

当時沖縄全県ゼネスト連帯の動きが広まり、学内のクラスやゼミでは自主的に討論が始めらました。自治会主催のでもだけでなく、学部や学科主催の自主的なデモが企画されました。

そんな時必ず歌われたのが「沖縄を返せ」(作詞:全司法福岡支部、作曲:荒木栄) の歌です。

♪ 固き土を破りて 
 民族の怒りに燃える島 沖縄よ

 我等と我等の祖先が血と汗をもて
 守り育てた 沖縄よ

 我等は叫ぶ沖縄よ 
 我等のものだ沖縄は

 沖縄を返せ 沖縄を返せ ♪

(二番繰り返し)

 



2022年5月10日 (火)

2022 神鍋山野草を愛でる会 5月例会(ハチ北高原)

青々と茂った樹木の間をが吹き抜けていくさまを「風薫る」と表現します。
連休後半から続いた好天気も明日から崩れるようです。
5月前半の例会は、春の気配が残るハチ北高原に出かけました。

フデリンドウ & ヒトリシズカ
P5100005_20220510165901P5100009_20220510165901

はちまき展望台 & 白菅山~三川山~蘇武岳~金山峠
P5100016_20220510165901 P5100020_20220510184001

大幹林道 & 瀞川山(1039m)
P5100022P5100032

イワカガミ
P5100027_20220510165901 P5100029_20220510165901

シカに食べられたサンカヨウ & サンカヨウの花
P5100052_20220510171001 P5100068

ミヤマカタバミ & ヤマルリソウ
P5100050_20220510170901 P5100075_20220510171101

この日の観察の詳細は → 「神鍋山野草を愛でる会公式ブログ」 ← クリックしてご覧ください

やはりハチ北の春はゆっくりで、早春のタムシバ、キンキマメザクラも残っていました。
お目当てのサンカヨウも、シカの食害あとが見られたものの、一応群落を形成していました。今後のことを考えると、何らかの保護が必要だと感じました。
今年あったものが年々少しずつ消えていくのは何度も経験しています。

次回は5月24日(火)、溶岩流で梅雨入り前の初夏の野草を楽しみます。



2022年5月 9日 (月)

2022 コウノトリ山本巣塔 ペア交代

9日の「めざましテレビ」の中で、山本巣塔のコウノトリ夫婦の離婚が報道されました。
「コウノトリは赤ちゃんを運んでくるしあわせの鳥」、「夫婦仲がよく一生添い遂げる鳥」などと誉められていたはずのコウノトリです。
この春からオス(個体識別番号J0011号)の相手が17歳のメス(J0399号)から、12歳のメス(J0024)に変わったことが確認されました。

めざましテレビ画面
P5090006 P5090010
P5090005 P5090007
P5090003 P5090002 
P5090009
コウノトリ関係者からそれとなくお聞きして、4月23日の記事「抱卵交代」に触れています。

定期的にリモニタリングをされている方の情報では、メスが今年入れ替わっているそうです。

なんと!長年連れ添ったメスを追い出して、新しいメスと同居を始めたようです。
うらやましさと怖さの両方が・・・・・

昨年までのつがいの異常は、長年観察されている方には分かっているようでした。
先妻J0399の足環は、右脚が上から「青・黒・なし」で、左足は「黒・緑・緑」とされています。
後妻J0024の足環は、右脚が上から「黒・黒・なし」で、左足は「黒・緑・緑」とされています。
つまり、右脚の上が黒か青かの違いです。
その青も黒ずんでいるでしょうし、素人でも見分けがつかないのは無理ありませんね。

コウノトリの郷公園の発表では、2020年に日本の野外で暮らすコウノトリの数が200羽を超えました。
その大半が豊岡市域に住んでいて、巣の取り合い、ヒナへの攻撃、近親交配など問題が出ていると聞きます。
増殖に伴い生息域を広げてやることも大切ですね。




 

2022年5月 4日 (水)

庭の草花 2022 GW編

   故郷(ふるさと)や どちらを見ても  山笑う (子規)
 P5030007_20220504082101

山の緑が鮮やかになり、「山笑う」状態になってきました。
コロナ規制のないゴールデンウイークですが、出かける予定もお客もありません。
嫁さんは家の周りの草取りとガーデニング、私は家庭菜園に精を出しています。

アッツザクラ
P5030016 P5030018

エニシダ & ヤエザキキンポウゲ
P5030013  P5030002

フクロナデシコ & ボタン
P5030009 P5030014

タツナミソウ
P5030021  P5030023

エビネ & クリンソウ
P5030026  P5030031

ウエルカムフラワー
P5030032_20220504074101 P5040013

モモイロタンポポ & クンシラン
P5030033_20220504074201  P5030037

スズラン & ジュウニヒトエ
P5030045 P5030051

クレマチス
P5030048P5040010

ツツジ &  寄せ植え
P5040012 P5030035

ナルコユリ & ホウチャクソウ
P5040006 P5040009

コデマリ & オオデマリ
P5030053 P5030057

シンビジュウム & スパラキシス
P5040014   P5030059

シラン & マーガレット
P5030063  P5030069

ジャーマンアイリス & シラーカンパニュラータ
P5030074  P5030072

オオニソガラム & ワスレナグサ
P5030008_20220504075001P5040004 

 



 

 

 

 

 

 

 

« 2022年4月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します