« 庭の草花 2022 GW編 | トップページ | 2022 神鍋山野草を愛でる会 5月例会(ハチ北高原) »

2022年5月 9日 (月)

2022 コウノトリ山本巣塔 ペア交代

9日の「めざましテレビ」の中で、山本巣塔のコウノトリ夫婦の離婚が報道されました。
「コウノトリは赤ちゃんを運んでくるしあわせの鳥」、「夫婦仲がよく一生添い遂げる鳥」などと誉められていたはずのコウノトリです。
この春からオス(個体識別番号J0011号)の相手が17歳のメス(J0399号)から、12歳のメス(J0024)に変わったことが確認されました。

めざましテレビ画面
P5090006 P5090010
P5090005 P5090007
P5090003 P5090002 
P5090009
コウノトリ関係者からそれとなくお聞きして、4月23日の記事「抱卵交代」に触れています。

定期的にリモニタリングをされている方の情報では、メスが今年入れ替わっているそうです。

なんと!長年連れ添ったメスを追い出して、新しいメスと同居を始めたようです。
うらやましさと怖さの両方が・・・・・

昨年までのつがいの異常は、長年観察されている方には分かっているようでした。
先妻J0399の足環は、右脚が上から「青・黒・なし」で、左足は「黒・緑・緑」とされています。
後妻J0024の足環は、右脚が上から「黒・黒・なし」で、左足は「黒・緑・緑」とされています。
つまり、右脚の上が黒か青かの違いです。
その青も黒ずんでいるでしょうし、素人でも見分けがつかないのは無理ありませんね。

コウノトリの郷公園の発表では、2020年に日本の野外で暮らすコウノトリの数が200羽を超えました。
その大半が豊岡市域に住んでいて、巣の取り合い、ヒナへの攻撃、近親交配など問題が出ていると聞きます。
増殖に伴い生息域を広げてやることも大切ですね。




 

« 庭の草花 2022 GW編 | トップページ | 2022 神鍋山野草を愛でる会 5月例会(ハチ北高原) »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

それなりになればなったで問題も出てくるようですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 庭の草花 2022 GW編 | トップページ | 2022 神鍋山野草を愛でる会 5月例会(ハチ北高原) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。