« 2022 三川山(稲葉ルート) | トップページ | ジャガイモの探り掘り »

2022年6月 9日 (木)

2022 麦秋

5月中旬から始まった田植えも一段落した6月、府市場区の西方向に広がる高生平野の小麦が収穫期を迎えました。
「麦秋」(ばくしゅう・むぎあき)とは初夏の季語で、秋の稲穂と見まごうばかりの黄金色が広がります。他に梅雨のことを「麦雨」(ばくう)とも表現するそうです。

府市場農産の麦畑
Dsc_0019_20220609115101 Dsc_0021_20220609115101
二毛作時代はどこにもあった風景ですが、近年見られるようになりました。
作っているのは「農事組合法人 府市場農産」、米の代替作物として大豆と小麦を交互に作っています。栽培面積は6ヘクタールで、品種は「ふくほのか」です。
兵庫県が独自に定めた要件を満たし、有機栽培に近い農法で作られた農産物である「兵庫安心ブランド」として認証を受けています。

刈り取り時期は昨年は8日から、今年は少し遅れて10日からになるそうです。
穀倉地ウクライナがロシアの武力侵攻で出荷を妨げられ、円も134円台に下落するなどの状況で、生産者にとっては価格アップを期待したいところでしょう。なお全量JAさんに出荷が決まっているそうです。
小麦の収穫を終えるとコウノトリ大豆(アヤコガネ)などが作付けされる予定です。


 

 

   


 

« 2022 三川山(稲葉ルート) | トップページ | ジャガイモの探り掘り »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します