« 新型コロナウイルスワクチン予防接種 | トップページ | 2022 冬の始まり »

2022年11月29日 (火)

2022 冬季剪定

12月も間近になり、庭の最後の剪定です。
主木の松は11月以降が適期と聞いて、いつも最後の冬仕事です。

剪定前の松(おおがっそう=髪が伸びてぼさぼさになっている様)
Dsc_0077 Dsc_0081

剪定後(すっきり男前)
Dsc_0001_20221130081201  Dsc_0003_20221129135601

剪定クズ
Dsc_0004_20221201075401 松の剪定は素人では難しいのと時間がかかるといわれ
ますが、見よう見まねで10年近くしていますが、なんとかなるものです。
剪定で出た枝や葉は、菜園(B)で、サツマイモの蔓や黒豆の枝など農業残渣と一緒に焼却します。これら草木灰はリン酸とカリを含むアルカリ性肥料として畑作物に施します。

同時期に果樹のスモモも剪定します。上に伸びるのを抑えて収穫しやすい開いた手のひら型に広げます。遅くまで実を付ける、カキやスダチ・ユズは早春に行ないます。

剪定後のスモモ

Dsc_0008_20221129140301Dsc_0002_20221201080001

 

 

 

 

 

 

« 新型コロナウイルスワクチン予防接種 | トップページ | 2022 冬の始まり »

ガーデニング・植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

お気に入り

伊佐屋三木のblog

  • 伊佐屋三木のblog
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。

九条の会

  • 九条の会
    日本が誇る憲法第九条をまもり、平和な世の中を築くため行動します