« 2022 加藤文太郎山の会忘年会 | トップページ | 手辺野菜直売所繁盛記 »

2022年12月14日 (水)

畑の雑草(ハキダメギク編)

雑草という植物などない。名がないなら、つけてあげればいい 」高名な植物学者の言葉とされています。
我が家を始め近くの菜園には、いわゆる雑草が住み?ついています。
春・夏・秋・そして冬に繁殖するものがあり、人が必要とする作物の成長を妨げます。
秋から冬にかけて府市場土手外菜園にはびこっているのが、ハキダメギクです。
この可哀想な名の由来は マイブログ記事 → 『連続テレビ小説・「らんまん」』
<クリックしてご覧ください。 (開いた画面の上左端の「←」ボタンでもとの記事に戻ります)>



土手外のハキダメギク & 幼花
Pc070657  Pc070655

組合のダイコン畑とハキダメギクの競演
Pc070668 Pc070667
取り入れが終わると、トラクターですき込むので、その時は目立ちませんが、成長する時期になるとさらに増えて広がります。
除草が追いつかず放置した結果、秋に花が咲き実を付け、種が落ち広がるのです。
手をかけられないのは耕作者の減少と高齢化の結果、省力化?が進んでいるからです。
隣接する伊佐屋菜園は頑固な耕作主が、ハキダメギクを水際ならぬ畝際でガードしているので、全くといってよいほどありません。

当地の畑や空き地で目立つのは・・・

(冬・春)ハコベ・ナズナ・オオイヌノフグリ・ホトケノザ・ノゲシ・スギナ
(夏・秋)スベリヒユ・メヒシバ・イヌビエ・カヤツリグサ・ヒメジオン・コニシキソウ
(秋・冬)ハキダメギク・オヒシバ・タンポポ・ハコベ

 

 

 

    

 

 

  

« 2022 加藤文太郎山の会忘年会 | トップページ | 手辺野菜直売所繁盛記 »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。