« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月31日 (水)

2023 伊佐屋菜園 ニンニク収穫

昨年秋に植えたニンニクの収穫時期です。
今年はタマネギとともに病気が出て茎が黄変しています。
タマネギなどはほとんどの農地で同じ現象が見られます。
タマネギは気候によって薹(とう)立が増える年もあります。
作り方は同じでも、気象などによって発生する「異常」に左右されないのが「名人」なのでしょう。

嘉定種 & ホワイト種
Horizon_0001_burst20230531070409833_cove  Dsc_0019_20230602080901
天日乾燥したのちにつり下げて保存します。
秋頃になると古い炊飯器で2週間ほど蒸して、黒ニンニクを作ります。
子供のころはニンニクを食べてくる子を、「臭い!」と言って逃げたりしました。
ニンニク料理が当たり前になった近年、自分も人もニンニク臭を気にすることはなくなりました。





 

2023年5月25日 (木)

2023 神鍋山野草 神鍋高原

5月2回目の例会はホームグラウンドに帰って、初夏の神鍋高原を観察しました。
前夜の雨で、朝は曇り昼頃から晴れの予報のはずが、しびしびと小雨が降り続きます。
雨の観察も慣れたもので、長靴履いて傘を差しながら初夏の野草たちを観察しました。
里に降りてから聞くと、朝から雨は上がったと聞いて、神鍋高原との違いを感じます。
もっとも、この違いが豊かな神鍋高原の自然と多様な植生を育んでいるのでしょう。

ヤマツツジ & ヤマボウシ
P5230293  P5230286

ウツギ & サルトリイバラ(里では葉を柏餅に代用)
P5230284  P5230291

ヤマアジサイ & エゴ
P5230328 P5230319

ヤブレガサ(蕾) & ヒメハギ
P5230336   65672

観察風景 & ホオジロ
P5230339P5230344_20230524070101

キンラン & エビネ
P5230372   P5230373
 神鍋高原:正面は大岡山
P5230390
P5230394P5230395_20230524073501


この日の観察の詳細は → 神鍋山野草を愛でる会公式ブログ ← クリックしてご覧ください


  

 

 

 

2023年5月18日 (木)

2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅱ

冬野菜と違って、夏野菜のほとんどが支柱やネットで補助が必要です。
杭を打って横竹を渡して、支柱を縛り付けるこれがなかなか手間がかかるのです。

トマト・ナス & ピーマン・シシトウ
P5180282  P5180283

インゲン & キュウリ
P5180286  P5180287
人間に取って酷な強い日差しや気温の上昇は、梅雨時期の雨とともに夏野菜成長の源となるのです。



    

2023年5月16日 (火)

2023 初夏の夕陽

田植えが終わりました。西側の「伊佐屋多目的広場」から大岡山の山頂に沈む夕日が、田圃の水面にシンクロして見事です。

田植えが終わった伊佐屋田圃越しに大岡山663m山頂に沈む夕陽
Dsc_0020_20230517070701  Horizon_0001_burst20230516182952392_cove
あと1ヶ月強で夏至です。夕日は大岡山の右肩に沈み、その後は蘇武岳に向かって戻って、秋分に蘇武岳と金山の間の真西に沈みます。

その後はさらに妙見山に向かい、冬至は妙見山の左肩に沈みます。蘇武岳を中心に南北に15度、妙見山と大岡山までの30度の往復が一年です。長く住んでいてやっと気づきました。特に春秋の彼岸は真西の蘇武岳近辺に沈みます。

仏教では「太陽の軌跡を人生になぞらえ、朝日が昇る東の方向に命の誕生をみて薬師瑠璃光如来に救っていただき 、夕日が沈む西の方向に命が終わる死を感じて、阿弥陀如来に迎えていただき、西方浄土に旅立つとされます」

数年前の父の日に送ってもらったアウトドア椅子を出して、ビール片手にのんびり黄昏れるのが常になりました。


2023年5月13日 (土)

2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅰ

5月も半ばを過ぎ、エンドウ・イチゴなど冬越野菜の収穫と夏野菜の植え付けに忙しくなりました。
雪解けからムキになって草取りをしたおかげで、周りと比べて格段に綺麗になっています。

菜園(A)府市場土手外
P5120284P5120285

盛りを迎えたエンドウ3種(サヤ・スナップ・実) & イチゴ
P5120296  P5120295


菜園(B)府市場芝寺
P5120297 P5120299
菜園(B)は小石が多くあるのと粘土質なので、サツマイモ・サトイモ、クロマメを中心に植えることにしています。
黒マルチは地温上昇と草抑えに役立ちます。





    


2023年5月10日 (水)

2023 神鍋山野草 城崎東山公園・桃島渓谷

5月第2週は、神鍋を出て城崎町へのお出かけ例会で18人が集まりました。
整備された東山公園のほか桃島池に流れ込む桃島川近辺の湿地や渓谷を観察しました。
2日前の大雨のあとの晴天となり、絶好の観察日和でした。

集合は菊屋島運動場 & 電柱にコウノトリが巣作り
P5090182 P5090184
東山公園展望台から円山川流域や城崎温泉市街地がまるまる見渡せます。
新城崎大橋が工事中で桃島バイパスの計画もあり、さらに近畿自動車道の豊岡北~城崎温泉への延伸も検討されていて、今後一気に景観が変るかも知れません。

新城崎大橋 & 楽々浦湾・戸島湿地
P5090203 P5090202

城崎温泉市街地 & 大師山・来日岳
P5090201 P5090199

ミヤマナルコユリ & ササユリ(蕾) 
P5090212  S__28852266

ホウの花 & カクレミノの葉(左からグー・チョキ・パー)
P5090217 P5090233  

大谿川のヤナギ & 小魚を追うカワウ 
P5090225 P5090234
東山公園から温泉街に下り、桃島方向に向かい桃島川添いを遡っていきます
こちらは一気に人里から離れ、シカ・イノシシ柵に囲まれた田畑が目立ちます。
下流域の一部の田は代掻きが実施されていますが、狭くて棚田状態で手間がかかり、耕作放棄地が増えつつあることがわかります。
水路の確保や獣柵の設置・管理など大変な作業をしながら先祖伝来の田畑を守っているのです。
近くの方にお話をお聞きすると、「年寄りばかりが残っていて、いつまで続くかわからんよ」と笑っていました。
桃島神社で昼食して午後は、桃島川添いの渓谷をどんどん遡って行きます。

菊屋島離農の碑(桃島神社境内)
Img12 何度かの洪水被害に、国は桃島地区に堤防をつくり、円山川にそそぐ大硲川に水門をつくるよう、計画しました。この堤防ができると桃島地区の川側にある菊屋島地区の田畑が「川」の中になってしまい、人々が苦労してつくってきた田畑がなくなります。
この田畑をもっている人たちは、堤防を円山川の川岸ギリギリのところにつくるよう、計画を変えて欲しいと大反対したので、なかなか工事ができませんでした。
けっきょく計画から8年後に、菊屋島地区の田畑を国が買い取ることになり、人々は田畑を手放しました。(国交省HPより)
碑文に「・・弱きもの汝の名は農民なり・・」と、離農を余儀なくされた経緯と、先祖伝来の田畑を放さざるを得なかった農民の怒りと嘆きが記されています。

この日の観察の詳細は、 「神鍋山野草を愛でる会公式ブログ」をクリックしてご覧ください。

 



 

 

2023年5月 9日 (火)

庭の草花 2023 5月上旬編

GWはどこにも出かけずに、嫁さんは庭の草取り、私は家庭菜園に精を出しました。

  故郷(ふるさと)や どちらを見ても  山笑う (子規)
  P5100282

シラン
P5080173   P5080142

アッツザクラ
P5080146 P5080147

クンシラン & シンビジウム
P5080140  P5080148

移植中のオキナグサ
Dsc_0015_20230510090201  P5080163

マーガレット & ムギナデシコ
Diagonal_0002_burst20230508154850968  Horizon_0001_burst20230508154902510_cove

フクロナデシコ & クレマチス
P5080150  P5080154

スズラン & シャクヤク
P5080159  P5080175

タツナミソウ
P5080166  P5080169

シラー・ベルビアナ  & サクランボ
P5080177 P5080179

シュンギク & 育苗中
P5100280  P5100281


 

 

   

2023年5月 5日 (金)

2023 コウノトリ山本巣塔 ヒナの救護

勘違いしていました。5月2日は足環の装着の他に、3羽のヒナの救護が目的だったのです。
もう巣塔にはヒナは居ません。どおりで親鳥が巣を空けるはずです。
市民レンジャーさんの記録でわかりました。

5月2日の作業 & 作業後の巣塔は空っぽ
P5020013 P5020024_20230506083201

保護され目隠しされた3羽のヒナ(市民レンジャーの目撃情報HPより)
607063f951b2e55e45ab031778c21ea5カラスが頻繁に威嚇して巣塔に接近し、都度親鳥がクラッタリングで追い払います。
おまけに他のペアが巣塔を狙って接近を繰り返しています。その後も執拗に攻撃を繰り返して、親鳥が子育てをするどころではなくなり、ヒナの保護を決めたようです。
目撃情報には、他のペアの1羽は00399とあり、なんと昨年山本巣塔から追い出させたメスのようです。新たなオスとともに、古巣の権利を主張しているのでしょうか?

それが5月2日の作業の真相でした。
降ろされたときに見に行けばわかったことです。
急いでいたこともあり、確認を怠り勘違いをして申し訳ありませんでした。







2023年5月 2日 (火)

2023 コウノトリ山本巣塔 足環装着

GWの5連休を前にした2日、山本巣塔に大きな作業車が停まっていました。
孵化が確定し、少し早めですが生育が進んでの作業です。
6年前のように先ずヒナを地上に降ろしての作業でしょう。今回も大きなゴンドラで捕獲します。

20017年6月6日ブログ記事「足環装着」 ← クリックで確認出来ます。

高所作業車による身体測定や足環の装着
P5020014  P5020009
P5020013P5020019
地上に降ろしてから、身体測定・採血・羽毛採取(性別判定)を実施し、最後に個体確認の印となる足環が装着されます。
親鳥は高所作業車の急襲?になすすべもなく、巣から飛び立って近くで見つめています。

作業後顔を見せずに怯えている?ヒナ & 両親が帰巣・安全確認

P5020024  P5020028
孵化したのが4月10日よりすこし前、見たところ順調に育っているようです。
性別などもコウノトリの郷公園から発表されます。
これから近くの水田には田植え準備の水が張られ、餌も豊富になる時期です。
6月には巣立ちして、我が家付近の田んぼで親鳥と餌を食べている様子が見られることでしょう。








« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。