« 2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅰ | トップページ | 2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅱ »

2023年5月16日 (火)

2023 初夏の夕陽

田植えが終わりました。西側の「伊佐屋多目的広場」から大岡山の山頂に沈む夕日が、田圃の水面にシンクロして見事です。

田植えが終わった伊佐屋田圃越しに大岡山663m山頂に沈む夕陽
Dsc_0020_20230517070701  Horizon_0001_burst20230516182952392_cove
あと1ヶ月強で夏至です。夕日は大岡山の右肩に沈み、その後は蘇武岳に向かって戻って、秋分に蘇武岳と金山の間の真西に沈みます。

その後はさらに妙見山に向かい、冬至は妙見山の左肩に沈みます。蘇武岳を中心に南北に15度、妙見山と大岡山までの30度の往復が一年です。長く住んでいてやっと気づきました。特に春秋の彼岸は真西の蘇武岳近辺に沈みます。

仏教では「太陽の軌跡を人生になぞらえ、朝日が昇る東の方向に命の誕生をみて薬師瑠璃光如来に救っていただき 、夕日が沈む西の方向に命が終わる死を感じて、阿弥陀如来に迎えていただき、西方浄土に旅立つとされます」

数年前の父の日に送ってもらったアウトドア椅子を出して、ビール片手にのんびり黄昏れるのが常になりました。


« 2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅰ | トップページ | 2023 初夏の伊佐屋菜園 Ⅱ »

お天気・気象・防災」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。