« 2023 コウノトリ山本巣塔 足環装着 | トップページ | 庭の草花 2023 5月上旬編 »

2023年5月 5日 (金)

2023 コウノトリ山本巣塔 ヒナの救護

勘違いしていました。5月2日は足環の装着の他に、3羽のヒナの救護が目的だったのです。
もう巣塔にはヒナは居ません。どおりで親鳥が巣を空けるはずです。
市民レンジャーさんの記録でわかりました。

5月2日の作業 & 作業後の巣塔は空っぽ
P5020013 P5020024_20230506083201

保護され目隠しされた3羽のヒナ(市民レンジャーの目撃情報HPより)
607063f951b2e55e45ab031778c21ea5カラスが頻繁に威嚇して巣塔に接近し、都度親鳥がクラッタリングで追い払います。
おまけに他のペアが巣塔を狙って接近を繰り返しています。その後も執拗に攻撃を繰り返して、親鳥が子育てをするどころではなくなり、ヒナの保護を決めたようです。
目撃情報には、他のペアの1羽は00399とあり、なんと昨年山本巣塔から追い出させたメスのようです。新たなオスとともに、古巣の権利を主張しているのでしょうか?

それが5月2日の作業の真相でした。
降ろされたときに見に行けばわかったことです。
急いでいたこともあり、確認を怠り勘違いをして申し訳ありませんでした。







« 2023 コウノトリ山本巣塔 足環装着 | トップページ | 庭の草花 2023 5月上旬編 »

環境・まちづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。