« 2023 円山川鮎漁の解禁 | トップページ | 2023 但馬山友会 由良ヶ岳 640m »

2023年6月 2日 (金)

2023 伊佐菜園 黒鶴の播種

今年も早生種の黒豆「黒鶴」の播種時期となりました。
昨年収穫のものから種を選んで播きます。
2日は台風2号が前線を刺激して、多すぎるほどの雨が降るようで水やりが要りません。
有名な「丹波黒」は6月中旬に播きますが、2週間ほど早めに播いて10月初旬に食べます。
少し小ぶりながら風味がよく、煮てもご飯に入れても、特にエダマメにしたら最高です。

芋類と黒鶴の栽培は伊佐屋菜園(B)
P6010492 P6010493
今年はすべて直播きして、トレー育苗は止めました。
黒豆は大きく茂るので1本立ち、畝幅をしっかり取って株間は50cmです。
豆類は連作を嫌うので、昨年はサトイモやサツマイモを挟んだり、新規の場所を選びました。
芽が出れば、2度の土寄せや追肥・倒伏防止のハウスバンド張りなどしっかりケアをします。
10月中頃には美味しい枝豆が食べられるでしょう。 \(^o^)/ バンザイ!

黒鶴の種を何人かにお渡ししました。栽培記録はは2020年のマイブログに載せてあるので参考にしてください。

それぞれの記事をクリックしてご覧ください。画面一番左の戻るボタン(←)で元記事に戻ります。


黒鶴栽培記Ⅰ

黒鶴栽培記Ⅱ黒鶴栽培記Ⅲ黒鶴栽培記Ⅳ黒鶴栽培記Ⅴ
黒鶴栽培記Ⅵ黒鶴栽培記Ⅶ

    

 

 

    

« 2023 円山川鮎漁の解禁 | トップページ | 2023 但馬山友会 由良ヶ岳 640m »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。