« 2023 但馬山友会 三室山 1358m | トップページ | 2023 平和の詩 »

2023年6月21日 (水)

2023 夏至の夕陽と6月の草花

夏至が近づくと、朝は4時半ごろから明るくなり、夕方は20時前でも薄暮が続きます。
夏の短い北欧では「夏至祭り」として、国を挙げてお祝いするといいます。

四季がはっきりした農業国日本では、作物の作付けの目安となる春分と秋分が大事な季節行事とされ、国民の祝日となります。
夏至や冬至はさほど重視されていません。


我が家の多目的広場から見る夏至の夕陽です。(夏至前日の6月20日)
P6200333 P6200342
P6200348 P6200346
P6200352 P6200355
我が家から見る夕陽は、夏至では真西の蘇武岳から30度北の大岡山の右肩のなだらかな位置に沈み、冬至では30度南寄りの妙見山左端に沈みます。
沈むのが大岡山なので、日没時間(19時16分神戸)とは差があります。
夏至当日は曇りで夕焼けは見られないことを知り、前日に写真を撮っておきました。

2022年夏至の夕陽 ← クリックしてご覧ください
2021年夏至に夕陽 ← クリックしてご覧ください
それぞれの記事をクリックしてご覧ください。画面一番左の戻るボタン(←)で元記事に戻ります。

一方、庭には夏至の草花が咲いています。

バラ & セイヨウオトギリソウ
P6210363 P6210356

ハマユウ & キキョウ
P6210360 P6210358

アジサイ各種(梅雨が似合います)
P6210364 P6210378
P6210376 P6210379

ハンゲショウ & izayaプラム
P6210372  P6210370

ノウゼンカズラ & レインリリー
P6210373  P6210384

ユキノシタ & カシワバアジサイ
P6210395  P6210394

ウメバチソウ & アサガオ
P6210388  P6210389
梅雨も本番を迎えました。
この時期は太平洋側が雨が増え、北部は比較的穏やかです。
梅雨前線の南側と北側では雲の種類が異なることで差が出るそうです。

「雨雲の種類を大きく分類すると、水平方向に広がる層状の雲と、垂直方向に伸びる 塔状の雲に分けられます。 梅雨前線は前線の北側を中心として高層雲や高積雲と呼ば れる層状の雲が広がり一様な雨を降らせます。 前線付近や南側では垂直に伸びる積雲 や積乱雲が発達しやすく、激しい雨を降らせます。」(気象庁HP)

穏やかなはずの北部も、前線の北上に伴う梅雨末期の集中豪雨から逃れられません。









« 2023 但馬山友会 三室山 1358m | トップページ | 2023 平和の詩 »

風物・歳時記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。