« 庭の草花 2023 梅雨明け編 | トップページ | 2023 7月梅雨明けの菜園(B) »

2023年7月22日 (土)

2023 7月梅雨明けの菜園(A)

20日に梅雨明けが発表されました。
梅雨時期の湿度と高温は夏野菜の生長の力となり、合わせて夏に強い雑草を育てます。
耕作者の性格と耕作地の環境によってはびこる雑草の種類が決まって来るのも面白いものです。
伊佐屋菜園(A)で夏に幅をきかせるのが、オヒシバ・メヒシバ・スベリヒユがメインで、カヤツリグサ、ハキダメギク、ノゲシが混ざります。
前者は花を咲かせて種を落とし増えます。咲かせても実に成らないうちに除草します。
ノゲシやタンポポのように近くの圃場から落下傘による進入も無視できません。

とにもかくにも梅雨時期に繁茂した雑草を片付けました。
気温が高くとも雨が降らない真夏は、繁殖力が落ちます。要注意の秋梅雨時期までしっかり管理します。

草取りが終わった伊佐屋菜園(A)

P7210257 P7210264_20230722074701

アズキ & 七夕豆の植床
P7210266  P7210282

ニンジン & キュウリ(第2次)
P7210278  P7210276

ショウガ & イチゴの苗作り
P7210279_20230722075001  P7210273

ラッカセイ(花が咲き子房柄が土にも潜って実を付ける)
P7210283 P7210285

 

 

     

 

« 庭の草花 2023 梅雨明け編 | トップページ | 2023 7月梅雨明けの菜園(B) »

家庭菜園・農業・食べ物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

神鍋山野草を愛でる会

道の駅かんなべ高原

お気に入り

伊佐屋三木のblog1

  • 伊佐屋三木のblog1
    2007年4月から2015年5月まで8年間の記録です。 「サイト内検索」にキーワードを入れて検索すると過去記事が見られます。